公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

コロナ検査結果証明にブロックチェーン、シンガポールGovTechが開発

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. シンガポール政府はコロナの検査結果証明にブロックチェーン技術を用いる。
  2. デジタル化を促す政府機関「ガブテック(Gov Tech)」と保健省が開発。
  3. 空港などの入国管理手続きにかかる時間を短縮させるねらい。

シンガポール政府ブロックチェーン活用、名前は「ヘルスサーツ(HealthCerts)」

シンガポール政府はブロックチェーン技術を活用して、新型コロナウイルスの検査結果を確認するための手法を開発している。空港などにおける入国管理手続きにかかる時間を短縮できるようする。

ただでさえ時間のかかる入国管理手続き。

ブロックチェーン技術の活用により、その確認がスピーディーに行われるようになるという。

dai06

同国のデジタル化を促す政府機関(通称「ガブテック」GovTech)と、保健省は、コロナの検査結果を発行するためのデジタル規格「ヘルスサーツ(HealthCerts)」を開発。

デジタル化を推し進めるシンガポール。

今回のブロックチェーン活用に限らず、ガブテックの動きは同国のテクノロジーを牽引するものとなるはずだ。

dai06

検査結果は、シンガポール政府が開発したデジタルIDのモバイルアプリ「SingPass」に連動する。個人のデジタルハッシュ(デジタル上の指紋のような機能)のみが、ブロックチェーン上に記録され、個人データは保護されるという。

検査結果の証明に用いられることになるこのヘルサスーツは、今後コロナウイルスワクチンの接種証明にも活用されることになるようだ。

dai06


ソース元https://www.coindeskjapan.com/100875/