公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

クラーケンCEOビットコイン大胆予想、「次の10年で100万ドルありえる」

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 仮想通貨取引所クラーケンのCEOジェシー・パウエル氏が、ビットコインの今後を予想。
  2. 「次の10年間で100万ドル(約1億700万円)に到達する可能性がある」と述べた。
  3. さらに「支持者の間では、ビットコインが法定通貨にとってかわる」とも。

ビットコインは世界の通貨へ?クラーケンCEOが熱く語る未来

暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケンの最高経営責任者(CEO)として、ジェシー・パウエル氏は当然ながら仮想通貨ビットコインの先行きに強気な見方だ。しかし同氏の描く未来は、かなり熱狂的な仮想通貨ファンでさえ想像できないほどスケールが大きい。

ビットコインに対して並々ならぬ情熱を注ぐパウエル氏。同氏はサトシ・ナカモトにも強い関心を寄せており、2008年の不況の先にあるさらなる金融危機を予見していたとする。

dai06

パウエル氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、ビットコインは次の10年間で100万ドル(約1億700万円)に達する可能性があると述べた。さらに支持者の間では、将来的に全ての主要なフィアット通貨(法定通貨)に取って代わる可能性もあると考えられていると指摘した。

またしても、ビットコインに対して強気の発言をしてみせたパウエル氏。

移り変わりの激しい仮想通貨業界ではあるものの、わずか10年で100万ドルに到達するという見立てはかなり大きく出たようにも思える。

dai06

同氏は「臆測するしかないが、ドル換算で見ればビットコインは無限だと考えざるを得ない」と述べ、「真の信奉者が語るには、ビットコインの行き着く先は月や火星であり、最終的には世界の通貨だ」と語った。

ビットコインの可能性を、非常にロマンチックな言葉で表現したパウエル氏。

彼の予想は果たして的中するのだろうか。

dai06


ソース元https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-03-04/QPG4N4DWRGGE01