公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

各国CBDC登場でビットコインに打撃、バンク・オブ・アメリカが警告

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 各国はCBDC(中央銀行デジタル通貨)の開発に向けて動き出している。
  2. CBDCが登場すれば、ビットコキンなどの仮想通貨市場に打撃となる可能性。
  3. バンク・オブ・アメリカは、ビットコインのボラティリティーの高さを危惧。

富の貯蔵や決済にはCBDC、ビットコインにとって代わるか?

ビットコインを支える技術に関心を持つ各国の中央銀行も、独自のデジタル通貨を作ろうとしており、この動きは暗号通貨市場にマイナスの影響を与えるとバンク・オブ・アメリカは3月17日に警告した。

仮想通貨の有用性に気付いた各国は、水面下でCBDCの調査・開発に動いている。

バンク・オブ・アメリカはこの動きを『各国の中央銀行は、暗号通貨から彼らのテリトリーを守ろうとしている』とした。

dai06

ビットコインの価格は、トークンの需要が供給を上回っていることが原因で高騰しているが、CBDCとは異なりボラティリティーが高すぎるビットコインは、富の貯蔵や決済手段としての使用には適さないと彼らは指摘した。

急上昇を続けるビットコインは、一見すると投資対象としては魅力的に思える。

しかし、それは安定性を欠いていることの表れでもあるのだ。

dai06

CBDCの導入を主導するECB(欧州中央銀行)は、「デジタル時代の通貨の役割を守るデジタルユーロ」の導入を呼びかける一方で、他の暗号通貨を「極めて投機的なアセット」と非難している。

バンク・オブ・アメリカは、ECBが今年中頃にデジタル・ユーロの試験運用について決断を下すとみている。当然デジタル・ユーロが登場すれば、ビットコインなどの仮想通貨に対抗する形になるものと思われる。

これまでもさまざまな要因でビットコイン価格は変動してきたが、このCBDCの登場はそのなかでも大きな影響を与える要因となるだろう。

dai06


ソース元https://forbesjapan.com/articles/detail/40416