公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

アスレチックスのスイートルーム販売、支払われたビットコイン保有へ

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 米メジャーリーグのオークランド・アスレチックスが、スイートルームを1BTCで販売。
  2. 手に入れたビットコインは、法定通貨へ換金することなく長期保有するという。
  3. 保有した通貨から得られる収益に期待しており、選手との契約に用いられる可能性も。

長期保有で選手と契約、アスレチックスのビットコイン戦略

米メジャーリーグのオークランド・アスレチックスのデイブ・カヴァル社長は、サンフランシスコのホームスタジアムでファンがVIP席用に支払ったビットコインをホドル(長期保有)するつもりだと発言している。

アスレチックスは6人用観客席のスイートルームを1BTCで販売することを告知済み。

その10のスイートルームチケットにはすでに問い合わせがきており、すべて売り切れる予定とのこと。

dai06

「私たちは、それを保持し続けるつもりだ」と、カヴァル氏は述べた。「私たちは〔ビットコインを〕信じており、うまくいけば、それは上昇し続け、収益の一部となり、いくつかの大きなフリーエージェントと契約できるかもしれない」と語った。

これまでスポーツチームは、スポンサー、グッズ販売、大会の賞金等で収益をあげてきたが、今後はビットコインの保有も選択肢に入ってくるのかもしれない。

dai06

仮想通貨によるチケット販売を始めた理由の1つは「ユニークで他とは違うもの」を提供する野球クラブであるためだと、カヴァル氏は述べている。今回のチケット販売はビットコインのみを対象としていたが、将来的にはほかの仮想通貨を受け入れる可能性にも触れている。

仮想通貨支払いは現代社会に少しずつ浸透しつつあるのかもしれないが、今回のアスレチックスの試みはまだまだユニークなものだ。

今後このビットコイン戦略を真似る他球団、他競技も出てくるかもしれない。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/mlb-team-will-hodl-bitcoin-received-from-suite-sales-says-president