公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

日本初バーチャルスニーカー「エアスモーク1」、5イーサリアムで発売

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. AIやバーチャルテクノロジーを手掛けるワンセックが、バーチャルなスニーカーを制作。
  2. 名前は「エアスモーク1(AIR SMOKE 1)」で、5イーサリアム(約113万円相当)で売られる。
  3. 日本初のバーチャルスニーカーであり、NFTが活用されている。

活況のバーチャルスニーカー市場、ワンセック「エアスモーク1」参入

バーチャルヒューマン事業などを展開するワンセック(1SEC、宮地洋州代表)は22日から、北米で日本初のバーチャルスニーカー“エアスモーク1(AIR SMOKE 1)”を発売する。

NFTによってさまざまなコンテンツが、バーチャル上であっても値をつけられ発売されるように。

その波はファッション界にもやってきている。

dai06

NFTを使ったアイテムを扱う北米の通販モールの「ラリブル(RARIBLE)」「オープンシー(OPENSEA)」でオークション形式で22日20時(日本時間)から販売し、数量はそれぞれ1つのみ。

希少性が高いエアスモーク1。

スニーカーをコレクションするマニアに加えて、NFTブームに注目する仮想通貨ユーザーが購入するかもしれない。

dai06

宮地洋州ワンセック代表は、「北米ではすでにバーチャルスニーカーの市場が盛り上がりを見せており、現地のバーチャルファッションブランド『RTFKT』は販売開始7分で310万ドル(約3億3480万円)の売り上げを記録している」という。ワンセックも“エアスモーク1”の発売を皮切りに、デジタルファッションレーベル「ワンブロック(1 BLOCK)」を立ち上げる。

靴に限らず、今後もさまざまなアイテムがNFTによって発売されるかもしれない。

今後は、ゲームやSNS上のアバターが着用するアイテムとしての需要も出てくるのではないだろうか。

dai06


ソース元https://www.wwdjapan.com/articles/1206292