公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

韓国の会社員40%が仮想通貨投資、50%超が損失計上か

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 韓国では、会社員の40.4%が仮想通貨に投資しているという。
  2. 最も多い投資理由は「月給だけではまとまった資金が得られない」ため。
  3. だが、全体の52.5%が損失を出していると回答した。

期待込めて投資も半数以上は損、韓国の仮想通貨事情

求人サイトの「サラミン」が、会社員1855人を対象に調査を行ったところ、40.4%が仮想通貨に投資していることが明らかになった。

韓国では多くの会社員が仮想通貨に投資しているようだ。

年齢別でみてみると、30代(49.8%)、20代(37.1%)、40代(34.5%)、50代以上(16.9%)という結果に。

dai06

仮想通貨に投資する理由としては「月給だけではまとまった資金が集められない」(53%、複数回答)が最大。これに「少額で大きな資金を稼げそうだから」(51.1%)、「24時間365日取引できるから」(29.4%)、「周囲でもやっている人が多い」(27.5%)、「やらなければ自分だけ損しているようだから」(27.4%)、「会社生活との平行が可能だから」(24.4%)「変動が激しくスリルがある」(13%)などが続いた。

自分の収入に不満を抱きつつも、「周囲でもやっている人が多い」「やらなければ自分だけ損しているようだから」とあるように、一種のブームになっている印象もある。これが現在の韓国の仮想通貨事情だ。

dai06

投資の結果、損失を出しているという回答は52.5%と、収益を出している人より多かった。平均損失額は412万ウォン。具体的には100万ウォン未満(63.1%)が最大で、100万~500万ウォン未満(23.9%)、500万~1000万ウォン未満(5.1%)、1000万~1500万ウォン未満(2.3%)、5000万ウォン以上は1%だった。

多くの人々が期待を込めて投資を行っているが、それと同様に多くの人々が損失を出しているのもまた事実だ。

ちなみに利益を出している人々は平均して1949万ウォンの利益をあげているとのこと。投資していない人においても、41.3%が「投資したい」という意思を持っているというが、慎重に見定める必要があるだろう。

dai06


ソース元https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0501/10297711.html