公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

恐怖と不確実性と疑念、ビットコイン心理指標「極度の恐怖」へ

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 18日、ビットコイン市場の心理指標が「極度の恐怖」レベルへと低下している。
  2. アーケン・リサーチによれば、数値は21で先週の73(レベルは”貪欲”)から大きく下落。
  3. アナリストは「恐怖、不確実性、疑念にあふれ、ビットコイン価格は大きく下がった」と。

貪欲から恐怖へ、急転直下のCrypto Fear and Greed Index

ビットコインの市場心理の測る指標「Crypto Fear and Greed Index」は、2020年4月以来の「極度の恐怖」レベルにまで落ち込んでいることが18日に発表されたレポートで判明した。

指標は、”貪欲”を意味する先週の73から大きく下落した。市場の心理は、まさに”急転直下”となっている。

dai06

市場心理の低下は、ビットコイン(BTC)価格がこの数週間で、史上最高値の6万5000ドル付近から4万3000ドル付近まで下落したことを反映している。

(中略)

「先週は、恐怖、不確実性、疑念にあふれ、ビットコイン価格は大きく下落した。

当然のことながら価格下落は、市場の心理に影響を与える。

その影響はビットコインの価格に比例するように大きくなった。

dai06

「先週は、恐怖、不確実性、疑念にあふれ、ビットコイン価格は大きく下落した。過去、こうした極端な恐怖に満ちた市場は、強気サイクルの中で確実な買いのチャンスを提供してきた」とアーケーン・リサーチのアナリストは書いている。

恐怖、不確実性、疑念。

ネガティブな思惑が渦巻くビットコイン市場は、今後どのような動きを見せるだろうか。

dai06


ソース元https://www.coindeskjapan.com/109121/