公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「このNFTいくら?」、コインチェックがTwitter利用のキャンペーン実施

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. コインチェックが「HowMuch_NFT」のハッシュタグを用いたキャンペーンをTwitterで実施。
  2. 「人類が火星に初めて到達した際の画像が、NFTになったら」いくらになるのかというもの。
  3. 価格予想に参加した人には、抽選でギフトカードが贈られる。

「この足跡画像は一体いくら?」、コインチェックがNFTをPR

コインチェックは26日、「HowMuch_NFT」のハッシュタグでキャンペーンを6月11日まで開催すると発表した。このキャンペーンは、人類が初めて火星に到達した際の足跡のデジタルデータがNFTになった場合、そのNFTにいくらの値段をつけるかを参加者がTwitterで答えるというもの。

仮想通貨取引所だけではなく、NFT取引も手掛けるようになったコインチェック。

Twitterユーザーにその可能性を問いかけ、NFTをPRしていくねらいがあると思われる。

dai06

北米では、OpenSeaなどのNFTマーケットプレイスで多くのNFTが取引されており、新たな産業として注目を集めている。NFTゲーム「NBA Top Shot」を手がけるカナダのダッパーラボは、1年足らずで7億ドル(約760億円)を売り上げるほどに事業を拡大している。

NFTはすでにその可能性の片鱗を見せ始めている。ゲームや芸術、ファッションなどその用途も幅広い。

実際にバーチャルなスニーカーや楽曲などを作品として出品している企業やアーティストも出始めている。

dai06

コインチェックのキャンペーンの参加者は、同社の公式Twitterアカウントをフォローし、指定のハッシュタグをつけて価格予想をツイートする。当選者には、同アカウントから当選と商品の受取り方法が送られてくるという。

今回の企画では、抽選でamazonギフトカード1000円分が50名にプレゼントされるという。

すでに予想合戦は始まっており、多くのユーザーが参加しているようだ。

dai06


ソース元https://www.coindeskjapan.com/110107/