公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

コインベースが金融庁の審査通過、「黒船」として日本市場参入へ

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 米仮想通貨取引所大手のコインベースが、金融庁に認められ交換業者として登録された。
  2. 当面はビットコイン、イーサリアムなど主要5種類の通貨を取り扱う見込み。
  3. 今後、日本国内の仮想通貨市場は競争が激化する可能性がある。

群雄割拠!日本の仮想通貨市場へコインベース乗り込む

米暗号資産(仮想通貨)取引サービス最大手のコインベース(coinbase)が、日本市場に本格参入する。

コインベースは18日、同社の日本法人が暗号資産交換業者として金融庁に登録したと発表。国内でのサービス開始に向けて、準備を進めていく。

コインベースが黒船のごとく、日本の仮想通貨市場に参入する。日本法人は北澤直氏が社長を務めている。

dai06

今年4月には、米ナスダック市場に株式を直接上場させ、暗号資産領域におけるM&A(合併・買収)も積極的に進めている。

超がつくほどの一大取引所となったコインベース。

このニュースにTwitterのトレンド欄にも「Coinbase」の名前が。

dai06

北米市場とは対照的に日本国内では、機関投資家の需要が不在のなか、個人を中心としたリテール需要に対して、コインチェックやbitFlyer、ビットバンク、GMOコインなどの20を超える交換業者が事業を展開している。

群雄割拠の様相を呈している日本の仮想通貨市場。

今後のコインベースの立ち回りと、その影響に目が離せない。

dai06


ソース元https://www.coindeskjapan.com/113865/