公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

過去最大約1000億円調達、進化続ける米FTXのビジョン

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 米仮想通貨取引所のFTXは、同業界で過去最大となる1000億円の資金を調達。
  2. 60以上の投資家が参加し、評価額は180億円(約2兆円)に到達。
  3. 創業者のバンクマン氏は、野心的なビジョンがあると評価されている。

グローバルとアメリカ双方のために!FTXが1000億円調達成功

サム・バンクマン-フリード(Sam Bankman-Fried)氏率いる暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所FTXは、9億ドル(約1000億円)規模のシリーズBの資金調達を終えた。暗号資産業界において過去最大の資金調達。同社の評価額は180億ドル(約2兆円)にのぼる。

あまり上向かない仮想通貨市場だが、ベンチャーキャピタルの支援は止まらない。

参加したのは、ソフトバンクグループやセコイア・キャピタル(Sequoia Capital)、Ribbit Capital、パラダイム(Paradigm)など。

dai06

FTXは最近、自社ブランドのアピールに多額の費用を費やしている。米NBAの人気チーム「マイアミ・ヒート」との数百万ドル規模のスポンサー契約から米大リーグとの提携などに収益を注ぎ込んでいる。

コインベースに追い付け追い越せのFTXは、最近活発な動きを見せている。

仮想通貨業界で過去最大となる今回の資金調達で、その動きに弾みをつけることができるだろうか。

dai06

「サム・バンクマン-フリード氏は、ビジョンが驚くほど野心的であり、暗号資産の未来にユニークに適応している特別な創業者の1人。チームの実行力がそれを物語っており、FTXは2年で世界トップクラスの取引所に成長した」とパラダイムの共同創業者、マット・ファン(Matt Huang)氏はコメントした。

大勢の出資者が期待するFTX。

29歳の若き経営者の腕が試される。

dai06


ソース元https://www.coindeskjapan.com/116756/