公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

原子力発電でビットコインマイニング、これからのトレンドに?

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 原子力発電を使ったビットコインのマイニングが広がってきている。
  2. 批判を浴びている膨大な電力消費を、原発は解決するかもしれない。
  3. しかし、原子炉建設に要するコストを危惧する専門家もいる。

原子力発電でマイニング、安価と高価で意見割れる

ビットコインマイニング・ホスティング企業のコンパス・マイニング(Compass Mining)は、原子力発電スタートアップのオクロ(Oklo)と20年契約を締結。オクロが15メガワットの電力をコンパスに供給する。

膨大な電力消費をまかなう存在として、注目を集め始めた原子力発電。

オクロはアイダホフォールズのアイダホ国立研究所で、1.5メガワットという小型の原子力発電所建設を申請。そのほかにも追加申請するとのこと。

dai06

「コストと持続可能性という目的から考えると、エネルギーを生み出すために私たちが利用できるツールをすべて検討してみても、原子力発電はそのライフサイクル全体で必要とする素材が最も少ない」と、デウィット氏は指摘した。

オクロのCEOはビットコインマイニングを行うコンパス・マイニングと20年契約を締結。原子力によって安価なエネルギーを生み出し供給していくとのこと。

dai06

従来型の原子力発電所の建設コストは数十億ドル。小型の原子炉ならばコストは低くなるが、相対的にはより高くつく傾向があると、カナダのブリティッシュ・コロンビア大学の物理学者M. V. ラマナ(M. V. Ramana)氏は指摘する。

扱いが難しい原子炉。そこで事故はあってはならないことは多くの人々が認識している。安価であっても安全面から忌避する人・地域も多いだろう。また、太陽光・風力発電などの再生可能エネルギーと比べると、そのコストは4倍になるとラマナ氏は主張。

オクロがクリアすべき課題はまだまだありそうだ。

dai06


ソース元https://www.coindeskjapan.com/116195/