公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

ベネズエラが独自のコイン発行、デジタルボリバル10月に流通へ

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. ベネズエラはインフレ対策として、ゼロを6つ削るデノミを実施。
  2. 10月には中央銀行デジタル通貨「デジタルボリバル」を流通させる。
  3. あるエコノミストは『新しいデノミを行っても問題は解決されない』とする。

次なるペトロ?中央銀行発行の「デジタルボリバル」登場

ベネズエラの中央銀行はインフレの激化を受け、通貨の単位からゼロを6つ削減するデノミを行うとともに、10月に中央銀行デジタル通貨を立ち上げる。

8月6日、ベネズエラ中央銀行はCBDC「デジタルボリバル」が、10月1日から流通することを発表した。

通貨のデノミと今回のCBDCの発行はボリバルの価値に影響を与えず、通貨の使用を簡素にするためのものという。

dai06

以前、ベネズエラは米国の制裁を回避するためのツールとして、2018年に石油を裏付けとするデジタル通貨「ペトロ」を発行したことがある。

ベネズエラがデノミを行ったのは過去3年で2回目となる。2018年には5つのゼロを削減するデノミを実施している。

ベネズエラの2020年のインフレ率は年2300%と推定されており、事態は今も深刻だ。

dai06

エコノミスト ルイス・ビセンテ・レオン氏

「これらのゼロを削除したからといって、問題の根本原因は何も解決されることはない。問題を解決しなければ、数か月以内に同じ問題が起こるだろう」

八方塞がりな印象を受けているエコノミスト。あまりにも深刻なベネズエラのインフレは改善されるのだろうか。

すでに発行されたペトロは満足に浸透していないが果たして…。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/venezuela-to-launch-cbdc-in-october-and-cut-six-zeros-from-its-currency