公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

本の特典にNFT採用、メディアドゥとトーハン連携で販売へ

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 電子書籍取次のメディアドゥと出版取次大手トーハンが、「NFTデジタル特典付き出版物」を販売。
  2. 第一弾のNFTは、扶桑社と主婦の友社の雑誌および写真集の関連の合計3タイトルに付く。
  3. 特典は添付のカードに記載された、16桁のギフトコードを読み込んで入手できる。

書籍扱う各社で取り組み相次ぐ!雑誌や複製画にNFT

電子書籍取次のメディアドゥと出版取次大手トーハンによる「NFTデジタル特典付き出版物」が、10月12日から順次全国の書店にて販売されることが分かった。第一弾として販売されるNFTは、扶桑社と主婦の友社の雑誌および写真集の関連の合計3タイトルとのこと。

このNFTに用いられるブロックチェーンは、メディアドゥが開発したものという。

付属するカードに記載されている、16桁のギフトコードをデバイスで入力すると、特典を獲得できるといい、この「NFTデジタル特典」は商標登録を出願しているとのこと。

dai06

また先週17日、メディアドゥと同じく電子書籍取次事業行うモバイルブック・ジェーピー(MBJ)もNFT事業へ参入を発表した。MBJは、ロイヤリティバンクとの共同事業で、出版社の持つコンテンツにNFTを付与し販売するサイトを2021年10月末に開始する予定とのことだ。

こちらもNFTを採用。

最初にNFTが付くのは、MBJのグループ会社である大日本印刷株式会社が誇る「プリモアート」を使った複製画になるという。

dai06

また今回の発表に限らず、NFTに関するニュースが日々報じられる今日、多くの人々もNFTを購入しようという機会が訪れるだろう。その際には「NFTだからすごい」という認識は捨て、そのNFTはどんなブロックチェーンを使っているのか、誰が管理して権利を保障してくれているのかなど、その仕組みを調べてみるのがいいだろう。

各業界でNFTを使ったサービスやコンテンツは急増している。乱立するNFTのなかで、自分がこれだと思えるものを、多方面から分析して見つける必要があるだろう。

一時の盛り上がりのなかでNFTに手を出せば、後悔する可能性もゼロではない。今回のように特典でNFTが付くくらいならそれほど問題はないかもしれないが、NFT本体を手に入れるために多額の支出をする際は、よく検討してもらいたい。

dai06


ソース元https://www.neweconomy.jp/posts/152423