公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

仮想通貨取引所クアドリガCEO謎の死、Netflixでドキュメンタリー公開へ

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. ストリーミング配信大手のNetflixで、仮想通貨取引所クアドリガCXのCEOが取り扱われる。
  2. ジェラルド・コッテンCEOが急逝した後、1億9000万ドル相当の仮想通貨が引き出せなくなった。
  3. 同氏の死には、資金の持ち逃げやほかの決済処理業者による資金管理の可能性などが疑われている。

仮想通貨取引所CEO謎の死、2022年にNetflixでドキュメンタリー公開

オンラインストリーミング配信プラットフォームで制作会社のNetflixが、仮想通貨取引所クアドリガCXの創業者である故ジェラルド・コッテン氏を取り上げた映画を制作する。

作品の名前は『Trust No One:The Hunt for the Crypto King(誰も信用するな:暗号王の捜索)』で、2022年の公開が予定されている。

ジェラルド・コッテン(コットンとも)氏の死にまつわるさまざまな出来事が描かれるとのこと。

dai06

コッテン氏は18年12月に死亡しており、死因はクローン病による合併症だったと伝えられる。同氏は当時、クアドリガCX取引所にウォレットを持つ10万人以上のユーザーの数百万ドル相当の仮想通貨にアクセスできる、唯一の人物だった。

調査の結果、1億9000万ドルもの仮想通貨にアクセスできないことが判明。

管財人を決めて資産を売却しつつ、解決に向けて動いているが、まだ完全な解決は遠そうだ。

dai06

コッテン氏が死を偽装して資金を持ち逃げしたと疑う人が多数いたが、それを示唆する証拠は一切出ていない。後の調査で、パナマを拠点とする決済処理業者のクリプトキャピタルが、資金の多くを管理していた可能性があることが判明した。

突然の創業者の死とそこにまつわる噂、手が出せなくなったあまりにも巨額の仮想通貨。

この一連の動きはどのように描かれるのだろうか。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/netflix-to-release-documentary-about-quadrigacx-ceo-s-mysterious-life-and-death