公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

シンガポール航空、ブロックチェーンを使ったアプリをリリース

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

ニュースサイト「COINTELEGRAPH」が、シンガポール航空のマイレージプログラム「クリスフライヤー」に、ブロックチェーンを使用したアプリが導入されるという報道をしました。
アプリは18年8月にリリースする予定で、シンガポール航空は「革新的なアプリ」と謳っています。

シンガポール航空、ブロックチェーンを使用したアプリをリリース

シンガポール空港がリリースするのは、利用者が店頭で商品やサービスを購入する際に、手軽にマイル決済を行うことができるというものです。
マイクロソフトやKPMGデジタル・ヴィレッジなどと提携し開発されているようで、現在アプリの提携先となる小売業者の参加を募っています。
シンガポール航空のCEOゴー・チュン・ポン氏は、こう述べています。

ブロックチェーン技術を使って当社のクリスフライヤーをデジタル化するこの革新的なアプリは、顧客の利益のために我が社がデジタル面強化に投資を行っていることの証

航空業界と、仮想通貨の距離が縮まっている。

先月、カナダ政府とオランダ政府が連携し、入国管理の改革手段としてブロックチェーンを使った新たな試みを行っていると発表しました。
その他オーストラリアのプリスベン空港がターミナル全域で仮想通貨決済を受け入れたことも話題となったり、航空業界が仮想通貨を積極的に取り入れようとする動きが目立ちますね。

空港は国と国を繋ぐ、大切な役割を担った設備です。「国境のない通貨」を目指して開発された仮想通貨と航空業界は、潜在的に相性が良いのかも知れません。