第4回 仮想通貨オフ会参加者募集中!

国内取引所「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」についてまとめてみた

この記事は、グランデさんから寄稿頂きました。

第3回目となる調査対象の仮想通貨取引所は『QUOINEX(コインエクスチェンジ)』です。

はたして『QUOINEX(コインエクスチェンジ)』とは、どんな取引所なのか?
今回も興味津々で調査してきました!

では、さっそくその調査報告をしていきたいと思います!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)のスペック

取引所名称QUOINEX(コインエクスチェンジ)
運営会社QUOINE株式会社
どこの国の取引所?日本
設立年月日2014年11月
資本金20億円

QUOINEX(コインエクスチェンジ) の概要

QUOINEX(コインエクスチェンジ) は、金融庁に登録された第1号の仮想通貨交換事業者です。元々はシンガポールで設立された取引所でしたが現在は本社を日本に移しています。

運営会社がグローバル企業ということもあり世界最大級の仮想通貨取引所のひとつ。そのため円や米ドル、ユーロ、豪ドル等10種類の主要な世界各国の法定通貨での入金が可能です。また、FXも行うことができレバレッジも最大25倍、法人のアカウントなら最大50倍の取引が可能です。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の取扱通貨及び通貨単位は?

QUOINEX(コインエクスチェンジ)で扱っている通貨は下記の7種類です。また、QUOINEX(コインエクスチェンジ)独自のトークンであるQASH(キャッシュ)を取り扱っています。

取扱通貨通貨単位
Bitcoin(ビットコイン)BTC
Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)BCH
Ethereum(イーサリアム)ETH
Ripple(リップル)XRP
Ethereum classic(イーサリアムクラシック)ETC
Litecoin(ライトコイン)LTC
NEM(ネム)XEM

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の良い点ってどんなところ?

その1.  ビットコインの取引手数料が無料である

現物とFXどちらの手数料も無料ですので、ビットコインが好きでさまざまな取引をしている人はメリットが大きいですね。

その2. LINEでサポートを受付している

カスタマーサポートはメールの他にもLINEでもやりとりができます。ありそうでなかったこの辺のサービスの柔軟性はすばらしいですね。

その3. サーバー落ちに強い

本社を日本に移してから一度もサーバー落ちしたことがなく、サーバー落ちに強いともっぱらの評判です。やはりグローバルに展開する企業は、かけるべき所にきちんと投資し、システム作りをしているのだと思います。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の悪い点ってどんなところ?

その1. 盗難補償がない

bitflyer(ビットフライヤー)では一定の条件の元、盗難補償がありますが、QUOINEX(コインエクスチェンジ)ではありませんので、取引の際は頭に入れておいたほうがよさそうですね。

その2. 取引画面が見づらい、扱いにくい

元々海外に本社があり、日本人には不向きなせいか操作性に不満を持つユーザーが多いです。そんな声を受け、QUOINEX側も現在改良中の真っ只中のようですので、2018年中には改善されるかもしれませんね。

おわりに…

以上、『QUOINEX(コインエクスチェンジ)』の調査報告いかがでしたでしょうか?

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、独自トークンを取り扱っていたりLINEでサポートを受付するなど、他の取引所との差別化を考えつつ事業展開がされており、今後どのようなサービスで我々を楽しませてくれるかワクワクする、そんな期待を持たせてくれる取引所でした。