第4回 仮想通貨オフ会参加者募集中!

トラベルチェーンによって、旅行に新たな価値が付与される。

トラベルチェーン

この記事は、けべさんから寄稿頂きました。

トラベルチェーンが目指す新しい旅行のかたち

旅行者は無償で旅行先の情報を発信してきた。

旅行者達は、いつも、たくさんのサイトやブログ、動画などありとあらゆるもので情報を集め発信してきました。

しかし、それらの情報は、非常に有意義なものであるにも関わらず、それらに対して報酬を与える仕組みがありませんでした。

トラベルチェーンは、旅行先の情報を発信する人達に報酬を与えるプロジェクトです。

 

前途したように、今まで、旅行者達は、無償で旅行先の情報を配信してきました。

しかし、トラベルチェーンはブロックチェーン技術を用いて、それらの情報提供に対して報酬が与えようとしています。

つまり、旅行者が旅行先の情報を配信し、それを有意義であると思った人の数に応じて、報酬としてトラベルチェーンを付与するというようなイメージです。

これにより、旅行先の情報が、より活発に発信されることが期待され、旅行者も嬉しいし、旅行会社も嬉しいというわけです。

トラベルチェーンに関する関連情報

トラベルチェーンPV

トラベルチェーン CEOのIlya Orlovさんからのコメント

「ブロックチェーン技術は旅行業界の人々に計り知れない機会を与える。既に、旅行者たちの体験を買い取る旅行ビジネス関連会社は複数ある。トラベルチェーンは、ブロックチェーン技術により、これらを統一化することができると考えている。」

トラベルチェーンの凄いところ!

複数の旅行会社の異なるシステムにも導入できる高い汎用性

今まで、旅行会社ごとに採用している管理システムが大きく異なっていましたが、トラベルチェーンは、これら殆ど全ての旅行会社のシステムを統合することができます。つまり、多くの旅行会社が手間なく導入をできるということです。

トラベルチェーンのプラットフォーム上に新たなビジネスが構築できる。

トラベルチェーンはプラットフォーム型トークンで、参加する旅行会社が新たなビジネスモデルを構築することもできます。その為、旅行会社は今までよりも効率的に新たなビジネスモデル(キャンペーンや企画など)を提供することができるようになります。

グラフェンベースのブロックチェーン

トラベルチェーンは、グラフェンベースのブロックチェーンを採用しています。グラフェンベースのブロックチェーンとスタンダードのブロックチェーンの大きな違いは下記の3つです。

  • 個人情報をより安全に暗号化しながら管理できる。
  • 仕様の異なるシステムでもブロックチェーン上の情報を利用できる。
  • ユーザーは個々に鍵を持ちリアルタイムでデータを守ることができる

パスポートトークンによって自分と近しい人達が発信する情報もチェックできる!

トラベルチェーンには、パスポートという報酬があります。

これは、簡単に言えば企業や店舗が一般ユーザーにアンケートを取って、回答者へ報酬を支払うような仕組みです。

例えば、あるレストラン経営者が、対象のエリアに「どれくらいのベジタリアンが住んでいるか?」というような情報をパスポートトークンという報酬を支払うことで得ることができます。

また、収集したい情報が、仮に、生活費が幾らか?だったり、仕事が終わる時間だったり、そういったプライベートな情報であっても、ブロックチェーンによって安全に管理される事で、ユーザーも安心して情報提供ができるという事に繋がります。

 

トラベルチェーン公式ページはこちら