公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

リップルが描く仮想通貨業界の2018年の予測とは?

リップルが描く2018年の仮想通貨業界予測

この記事は、匿名希望さんから寄稿頂きました。

※当記事は「Ripple Insight」の記事を悪戦苦闘しながら翻訳したものです。
頑張って翻訳したつもりですが、自分なりな言葉に置き換えたりしている箇所や、よく分からない箇所もあったので、あてにしないでご覧ください。
また、ソースとなった記事はこちらです。

2017年は世界中が仮想通貨とブロックチェーン技術に注目する年でした。
仮想通貨(ICO含む)は、1300以上の種類が名を連ね、それらを合計する時価総額は$700を超えました。
これは、米国で代表的な銀行の幾つかよりも大きな時価総額です。
そして、ロングアイランドアイスティー株式会社は、「ロングブロックチェーン」に会社名を変更しました。
そんな2017年を過ぎ去って訪れた2018年はどんな年になるのでしょうか?
チームの予測の一部を紹介したいと思います。

過剰なICO誕生は2018年で終焉を迎えるだろう。

リップルCEOのブラッド・ガーリングハウスは、2017年にも何度か言及しているが、悪質なICOに被害を受ける投資家は非常に多くい流現状があります。
2018年も最初の半分は不幸な事件が多くあるだろう。そして、それら悪質なICOには、訴訟や罰金などを課せられるだろう。

この中で生き残るデジタル資産(仮想通貨)は最高に評価されるでしょう!

また、多くの悪質なICOの多くが駆除された後、ユースケースがある、本当に価値のあるデジタル資産(トークン)にスポットライトが当たることを期待しています。
机上の空論に基づいて作られた明確な目的がなかったコインはなくなってしまうことでしょう。
一般のグローバルな公衆の多くがビットコインやイーサリアム、あるいはCryptokittiesの代替となる仮想通貨の需要が飛躍的に伸びる事でしょう。
私たちは、デジタル資産市場は今年の末までに一兆ドルを上回ることを期待しています。
そして、あなたはそれが何を意味するか知っているはずです。

好機を逃がす事に恐れる人々と相互運用性。

まだ仮想通貨取引を始めていない人々は好機を逃すことへ恐怖を持つことになり、大勢が歳入するだろう。
そして、仮想通貨に関連する資金の多くが跳ね上がる事が自然なこととなることだろう。
最後になりましたが、一種類の銘柄が仮想通貨を支配する事はないと考えていて、いずれかのネットワークや仮想通貨が支配的で絶対だと考えるものは挫折してしまう事でしょう。

2018年以降の競争の肝は「相互運用性」になります。
リップルCTOステファントーマスは、2018年に向けて向かう方向性を下記にて提唱しています。
https://www.coindesk.com/death-ico-4-2018-predictions/