第4回 仮想通貨オフ会参加者募集中!

ゲームメーカーAtariが作る独自仮想通貨「Atari Token」に注目!

この記事は、匿名希望さんから寄稿頂きました。

ゲームメーカーAtari(アタリ)が独自の仮想通貨の売り出しを開始する予定

Infinity Networks,Ltd.の株式を15%取得

「パックマン」や「ポン」で知られるゲームメーカー Atari(アタリ)が、「Atari Token(アタリ・トークン)」と呼ばれる独自の仮想通貨の発売を予定していると発表しました。

Atariは、この取り組みの一環として、スペイン南海岸の半島にあるジブラルタルに拠点を置くInfinity Networks,Ltd.の株式15%を取得

Atari Token(アタリ・トークン)によって支えられるデジタルエンターテイメントプラットフォームの開発に、同社の技術力を活かされると見られている。

Infinity Networks,Ltd.は、ITインフラや電気サーバー等の保守メンテナンスを得意とする会社で、金融、小売、ホスピタリティ、教育、公共部門、その他企業など、あらゆる業界において実績を持っています。(創業は2002年)

実は、Atari Tokenは昔からあった?

一部の方は、「Atari Token」という響きに懐かしさを感じるかもしれない。

それもそのはず、2013年頃、Atari Tokenは存在していました。

参考: https://games.yahoo.co.jp/qa/detail?qid=12104307897

しかし、当日のAtari Tokenは、ゲーム内で課金できるウェブマネーのようなもので、今回発表されたAtari Tokenとは全くの別モノです。

注目すべきなのは、何故、Atari社が、Atari Tokenという名前を再び持ち出したのか?

そこに意味はあるのか…というところが気になります。

 

オンラインカジノ市場を狙うAtari Token。

Atariは、更に、オンラインカジノを提供するPariplay,Ltd.とのブランディング提携も発表している。

この提携を切り口に、オンラインカジノ市場でAtari Tokenが使われる事を目指しているようだ。

そして、更に、先週の声明では、「これらのオンラインカジノにおいて、Atari Tokenが利用可能になった後、オンラインカジノ専用の第2のトークン「Pong Token」を発行するプロジェクトがある。オンラインカジノの立ち上げに関する詳細はすぐに発表されるだろう」と述べている。

ニュースソースの中では、どうしてAtari Tokenだけでなく、新たなトークン「Pong Token」が必要になるのか分からなかったが、ひとまず、Atari Tokenが最初に狙っている市場はオンラインカジノ市場である事は間違えなさそうだ。