公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

ネム(XEM)のカタパルトの仕組みとその凄さ!

この記事は、グランデさんから寄稿頂きました。

カタパルトのアップデートにより、XEM(ネム)は脅威的な進化を遂げると言われています。

今日は、そんなカタパルトについてお勉強したいと思います。

カタパルトが実装されるとこうなる↓

  • 処理速度が圧倒的に高速化します。
  • 手数料を安くする仕組みができる。
  • 安全性も確保される

…まさに、良い事づくし!!

処理速度について

カタパルトが実装されると、1秒間に4,000件のトランザクション(取引)が処理できる事が既に実証されています。

他の銘柄と比較するとこんな感じ↓

銘柄名処理件数
ビットコイン(BTC)14件 /秒
イーサリアム(ETH)15件 /秒
リップル(XRP)1,000件 /秒
ネム(XEM)※カタパルト実装後4,000件 /秒

処理速度が最も早い仮想通貨と言われるリップルより、4倍も早い・・・。これは、まさに無双状態になっちゃいますね。

カタパルトの仕組み

カタパルトは2つの大きな仕様変更により実現します。

  1. ネムが提携しているテックビューロ社とネムの開発チームが共同で開発した「mijin」というプライベートブロックチェーンシステムをネム仕様に修正&改良を加え開発した。
  2. 複数の取引を一つにまとめ、取引の当事者同士の承認が済んだら、すべての取引の決済を同時に行うということが可能になり第三者(取引所やエスクローサービスなど)を介すことなく、処理の全てをブロックチェーン上で行う事により、手数料を安く済ませ、なおかつ、安全性も保障されるという「アグリゲート・トランザクション(複合トランザクション)」という機能を追加させた。

XEM(ネム)は、いつカタパルトを実装するのか?

カタパルトは、既に、XEM(ネム)の提携先であるテックビューロ社「mijin」のプライベートブロックチェーン製品で公開されており、正常に動作することも実証されています。

本格的に、XEM(ネム)のパブリックチェーンに導入されるのは2018年中と言われていますが、その時期は名言されていません。

カタパルトが実装されて、XEM(ネム)の性能が大幅に改善されることはもちろん楽しみではありますが、アップデートによる事故が無いよう、くれぐれも慎重に進めてくれることを願いたいですね。