第4回 仮想通貨オフ会参加者募集中!

国内取引所「Bitgate(ビットゲート)」についてまとめてみた

この記事は、グランデさんから寄稿頂きました。

第9回目となる調査対象の仮想通貨取引所は『Bitgate(ビットゲート)』です。
はたして『Bitgate(ビットゲート)』とは、どんな取引所なのか?今回も興味津々で調査してきました。
では、さっそくその調査報告をしていきたいと思います!

Bitgate(ビットゲート)のスペック

取引所名称Bitgate(ビットゲート)
運営会社エフ・ティ・ティ株式会社
どこの国の取引所?日本
設立年月日2010年3月
資本金1000万円

 

Bitgate(ビットゲート)の概要

いわゆる「販売所」のみ運営しており「取引所」機能はありません。
独自の仕入れルートを持っており、どの販売所よりも安く販売できることを目指している取引所です。

Bitgate(ビットゲート)の取扱通貨及び通貨単位は?

Bitgate(ビットゲート)で取り扱っている通貨は下記の1種類です。

取扱通貨通貨単位
Bitcoin(ビットコイン)BTC

Bitgate(ビットゲート)の良い点ってどんなところ?

その1. とにかくシンプルでわかりやすい

取扱通貨は Bitcoin(ビットコイン)のみで、しかも売買しやすい「販売所」のみです。
初心者には非常にわかりやすく優しい取引所だと思います。

その2. 取引手数料が無料

まだ取扱通貨は Bitcoin(ビットコイン)のみですが、購入、売却ともに取引手数料無料なのは嬉しいですね。

Bitgate(ビットゲート)の悪い点ってどんなところ?

その1. 取扱通貨がBitcoin(ビットコイン)しかない

取扱通貨をBitcoin(ビットコイン)に特化しているといえばそれまでですが、やはり取扱通貨は種類が多い方がユーザーは増えやすいと思います。

その2. レバレッジ取引ができない

取扱通貨がBitcoin(ビットコイン)のみなので、せめてレバレッジ取引ができればユーザーも増えやすいと思いますね。
今のところは、残念ながらレバレッジ取引に対応しておらず、Bitcoin(ビットコイン)の現物取引のみしか行っていません。

おわりに…

以上、『Bitgate(ビットゲート)』の調査報告いかがでしたでしょうか?

取扱通貨がBitcoin(ビットコイン)のみであり、レバレッジ取引もできないことで、現状のサービスでは一般的なユーザーには物足りなく、なかなか知名度を上げていくのは難しいのでは?というのが率直な感想です。
反面、初心者にはシンプルでわかりやすい取引所となっており、まずはそこを前面に推し進めていき、徐々に取扱通貨を増やし、レバレッジ取引もできるようになれば加速度的にユーザーも増えてくるのでは?と思わせる取引所でした。