第4回 仮想通貨オフ会参加者募集中!

3/19の仮想通貨ニュースまとめ(7件)

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。

環境に優しくなりたい仮想通貨マイナー、仮想通貨に懸念を示す地方都市

ツイッターが仮想通貨広告を禁止か、英メディアが報道、ツイッターからは発表なし

  • 米スカイニュースは18日、米Twitterが仮想通貨関連の広告を2週間以内に禁止すると検討中であると報じた。
  • Twitterはこの件について意向を明らかにしていないが、FacebookやGoogleらと同様の措置を辿るものとみなす者も多い。
  • Twitterでは有名人になりすまして「仮想通貨をあげます」と、誘う詐欺被害なども起こっており、新しいルールの設定は必然なのかもしれない。

NY州の地方都市、マイニング事業者の電力消費に悲鳴

  • 米ニューヨーク州の地方都市プラッツバーグが、同市内で仮想通貨のマイニングを禁止する法案を全会一致で可決。電力の過剰消費・値上げを防ぎたい考え。
  • この禁止は18ヶ月間新たなビットコインマイニング事業を一時的に禁止するもので、すでに存在する事業に関しては禁止の対象とならない。
  • プラッツバーグ最大のマイニング事業では、1月と2月の同士の104メガワット時(Mwh)の電気割当のうち約10%を消費。知事であるコリン・リード氏もこのような流れに対し「そんな電力はない」と主張していた。

カナダの大手銀行、ブロックチェーンを活用して信用評価、米特許庁に特許申請

  • カナダ最大の銀行とされるカナダロイヤル銀行(RBC)は、昨年秋にブロックチェーン技術を用いた、信用評価プラットフォームの特許申請を米国特許商標庁に行っていたことが15日にわかった。
  • 同特許庁によれば「個人情報に紐付けられたブロックを使用しクレジット記録を登録。その記録に過去の信用履歴や将来の予測に必要な情報が保管される」とのこと。
  • これにより信用評価の計算方法に透明性がもたらされ、それらの情報の可視化、借主にクレジット知識の力が与えられるようになると見込まれている。

中国、ブロックチェーンセンターを計画か、公文書がリーク

  • 中国政府系の投資団体である中国投資協会(IAC)が「国際ブロックチェーン投資開発センター」の設立を検討していることが14日にわかった。
  • 地元紙の澎湃(ほうはい)新聞の報道によれば、公文書のリークを情報源としており、同協会の副会長リュウ・レン氏もこの情報の正当性を認めている。
  • このセンターを設立することにより、ブロックチェーン・イノベーションが推進され、国内外の人材・資源の交流、中国でのブロックチェーンへの投資・コンサルティングなどをリードできるようになるとのこと。

ロシア、1時間マイニング機器停止する「クリプト・アワー」を提唱

  • ロシアの仮想通貨マイナーたちは、世界自然保護基金(WWF)の草の根運動「アース・アワー」の実施に合わせ、マイニングを1時間中断する「クリプト・アワー」の実施を呼びかけている。
  • このクリプト・アワーは国際投資家ネットワークのクリプトライフ創設者兼ロシア国家院のフィンテック開発専門委員会に属す、ピーター・ドヴォリァンキン氏が主導。
  • ビットコインのマイニングにおいては、50テラワット以上が使用されてきたという電力の過剰使用を抑え、環境への配慮を呼びかけたい構えで、すでに約5万人がオンライン参加を表明しているとのこと。

英ブレードテック社、英国最大級のビットコイン企業設立へ

  • 英国でITハードウェアを提供するブレードテック社は、英国南東部にビットコイン(BTC)をマイニングする企業を設立することがわかった。設立されるのは「サード・ブレードテック・ビットコイン・マイニング社(TBBMC)」。
  • 1000万ユーロ(約13億円)を調達し無効2~3年以内に運営を開始する予定で、投資家にはマイニングしたコインやマイニング機を報酬として与える見込み。
  • ブレードテック社創業者であるジョン・キングドン氏は「マイニング機の販売だけで黒字が見込めるため、投資家は資金の損失を恐れる必要ない」とし、TBBMCは年間1280BTCの採掘を計画中。

ビットメイン、モネロ採掘の新マシンを発表 モネロ側は「作動しない」

  • マイニング機大手のビットメインは、モネロ(XMR)の採掘で使われる新しいマイニング機「アントマイナーX3」を発表。この機器にはあたらしいASIC(マイニング専用チップ)が搭載済み。
  • 新型機は1回目の販売となる5月には1万1999ドルで販売され、2回目の販売となる6月には7599ドルで販売するとTwitterで発表済み。
  • しかし、モネロのプロジェクトリーダーであるリカルド・スパーニャ氏はこれを引用する形で「モネロのマイニングでは作動しないだろう」とコメント。真相は闇に包まれている。