第4回 仮想通貨オフ会参加者募集中!

量子コンピューター耐性を持つ仮想通貨はどれ?

この記事は、ミックラックさんから寄稿頂きました。

量子コンピューターの存在が徐々に知られるようになりましたが、量子耐性を持つ仮想通貨が最近注目されています。普通の仮想通貨と違って、強固なセキュリティを持っていると考えているからです。

量子コンピューターは通常のコンピューターより性能が圧倒的に高く、対策をしないままだと、ブロックチェーンが無効化されて、仮想通貨の根幹が崩される恐れがあります。しかし、量子耐性を持つ仮想通貨が登場したことで、仮想通貨ユーザー達の間で注目されています。

量子コンピューター耐性を持つ仮想通貨が注目される理由とは?

どのような仮想通貨が量子耐性を持っているのか、その仮想通貨の将来性はどうなるのかなどについて、解説していきます。

量子コンピューターについて

量子コンピューターは次世代のコンピューターとされており、その性能は我々が使用しているコンピューターよりはるか上に行くと考えています。通常のコンピューターでは、複雑な計算を解くのに膨大な時間がかかる一方、量子コンピューターであれば、わずか数分で解くことが可能ということです。

ブロックチェーンが無効化されるのかについて

ブロックチェーンは分散型取引台帳技術にして仮想通貨の根幹です。ブロックとは取引データの塊で、取引データの塊が連なるように保存された状態のことをチェーンと言います。ブロックチェーンの特徴は分散して管理されることにあり、機能そのものを分散することでシステムを維持し、管理しています。

ブロックチェーンの特徴は、銀行など中央管理が存在していないというところです。これによって、国家権力ですら介入できず、データの改ざんをできなくします。セキュリティが強いという一面を持ちますが、改ざんが絶対にできないと言われるほどの強固を持ちます。

この技術を応用することで、送金や契約などがスムーズに進むことが可能となり、仮想通貨の分野だけに限らず、金融や不動産などあらゆる分野に対応できるようになるということです。

しかし、量子コンピューターの出現によって、ブロックチェーンが無効化され、仮想通貨の根幹が崩される可能性が出てきます。なぜかというと、高い計算能力を持つ量子コンピューターでハッキングを行うことで、今まで突破できなかったセキュリティの多くが突破されると考えているからです。

量子耐性を持つ仮想通貨

量子コンピューターは仮想通貨の根幹を崩し兼ねないものと説明しましたが、その量子コンピューターの耐性を持つ仮想通貨が次々と誕生しています。どのような仮想通貨なのかを次に挙げて、特徴などについて解説していきます。

NEO

通貨記号NEO
正式名称NEO(ネオ)
発行上限1億枚
公式サイトhttps://neo.org/
主な取引所バイナンスなど

中国から生まれた仮想通貨ですが、ビットコインやイーサリアムより最先端に進んだ仮想通貨です。NEOの技術的特徴のひとつは、量子コンピューターからの攻撃回避に特化していることにあります。

CoinGekcoによれば、現在の時価総額ランキングは7位で、チャートは7200円と推移していますが、まだまだ下がると予想されます。しかし、爆発的な値上がりに期待はできるでしょう。

SHIELD

通貨記号XSH
正式名称SHIELD(シールド)
発行上限6億6600万枚
公式サイトhttps://www.shieldx.sh/
主な取引所CoinExchange(コインエクスチェンジ)など

 

シールドは文字通り、あらゆる攻撃を防ぐことに特化した仮想通貨です。特徴は、高速かつ安全な取引、スマートコントラクト(スムーズな契約)、量子耐性、匿名性、万全なセキュリティ体制の5つです。

仮想通貨の中でも量子コンピューターからの攻撃に特化しているので、安全性に大きな期待を持てるだけでなく、高過ぎる将来性を秘めています。

現在の時価総額ランキングは392位で、チャートは2円前後となっていますが、これから伸びることに期待大です。

Cardano

通貨記号ADA
正式名称CardanoADA(カルダノエイダコイン)
発行上限450億枚
公式サイト(※日本語対応)https://www.cardano.org/ja/home-2/
主な取引所バイナンスなど

 

カルダノは科学哲学と研究主導型アプローチを組み合わせて発展したブロックチェーンプラットフォームですが、開発チームに優秀な科学者が含まれています。カルダノのロードマップを確認すると、耐量子コンピューター電子署名方式を開発しているとのことです。

耐量子コンピューター電子署名方式とは、簡単に説明すると、量子コンピューターを使ったハッキング攻撃の耐性を持つことを意味します。説明通り、まだ実装されていませんが、進歩状況は50%となっており、それなりに進んでいるようです。

現在の時価総額ランキングは8位、チャートは18円前後となっています。量子耐性が本格的に実装されれば、将来性はますます高くなることでしょう。

量子耐性の仮想通貨を購入することについて

現在、量子耐性を持つ仮想通貨は非常に少ないのですが、既存の仮想通貨がハードフォークやソフトフォークなどによって、知らないうちに実装される可能性はあります。ちなみに、ハードフォークは新仕様のために分裂、ソフトフォークは互換性を保った状態でアップグレードです。

量子コンピューター自体はまだ実用化されておらず、知名度も低いので、仮想通貨ユーザーの間で知らない人は多いと考えています。しかし、本格的に実用化されれば、我々の生活が便利になる一方、ハッキングなど悪さに使われる可能性が大きいです。

その量子コンピューターに対抗するために、量子耐性を持つ仮想通貨が開発、実用化されるようになり始めました。量子力学が導入されたコンピューターが進化する一方、仮想通貨もまた進化し続けているということです。

購入するタイミングについて

今が買い時だとは言えませんが、量子コンピューターが実現する前の段階であれば、量子耐性を持つ仮想通貨は安いです。しかし、その仮想通貨はどの国内取引所でも扱っていないのがデメリットです。

購入するタイミングについては、価格が安い段階で購入するのが普通です。しかし、安い高いはその人の感性によって異なるのは言うまでもありません。結局は、購入はその人次第だということです。

他の仮想通貨は進化し続けて量子耐性を持つようになる

量子コンピューターは確かに脅威ですが、それに対抗する術を持った仮想通貨が続々と現れることに期待が持てます。仮想通貨だけでなく、ブロックチェーン自体もいずれは量子耐性を持つようになるのではないかと考えています。

量子耐性を持つ仮想通貨を研究する前に、まずは量子コンピューターの研究から始めることをおすすめします。なぜなら、量子とはなにかと、最初に知ることが求められるからです。

量子コンピューター自体の知名度が現時点で低いのですが、いずれは本格的に知られるようになるでしょう。