第4回 仮想通貨オフ会参加者募集中!

インドネシア銀行、Bitcoinなどの仮想通貨に対して強い抵抗感。

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

ソース元 https://news.bitcoin.com/bank-indonesia-do-not-sell-buy-trade-cryptocurrency/

インドネシア銀行「仮想通貨は売買しない」

インドネシア銀行はBitcoinなどの仮想通貨への対応を強化するスタンスを肯定しているものの、仮想通貨の使用は抑止するという曖昧な声明を発表した。

インドネシア銀行から締約国に対しての警告

インドネシア銀行は、すべての締約国に対して売買取引を行わないことを警告している。彼らはこう主張している

Bitcoinを含む仮想通貨は有効な決済手段として認識されないため、インドネシアでの決済手段として使用することは禁じられている

インドネシア銀行は国内の中央銀行であり、もともと仮想通貨に対しては懐疑的な意見を出してきた。秋にはBitcoinの決済プロバイダを閉鎖し、今後の規制を先取りするために事業を再編した。他国からすればインドネシアは仮想通貨に対して強い抵抗感を持っており、今回のインドネシア銀行の宣言はそれらの印象と対比しているように感じる。

銀行家達は

中央銀行家はこう述べている。

仮想通貨の所有することは非常に危険であり、推測や憶測に満ちている。管理者や原資産はが存在せず、取引価値は非常に揮発性が高い。リスクバブルとなり、金融システムの安定性に影響を及ぼすだろう。テロ資金の手段として使用されるケースもある。したがってインドネシア銀行は、すべての当事者に仮想通貨を売買しないよう警告している

間違いなくインドネシア銀行の今回の宣言は「禁止」という言葉を浮かべていた韓国規制当局からの波を乗り越えることが目的だ。現時点でしっかり稼働しているインドネシアの取引所は100万人のユーザーを抱えるPT Bit Coin Indonesiaだけである。