公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

仮想通貨ウォレット森川氏「仮想通貨元年の終わり」と分析…!

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 『ブロックチェーン入門』(KKベストセラーズ)の出版や、仮想通貨ウォレットを提供する株式会社Gincoの森川夢佑人CEOは「仮想通貨元年は終わった」と分析。
  2. 2018年1月のコインチェックからの流出・ハッキング事件を受け、金融庁は枠組みづくりを本格化。市場は落ち着き、仮想通貨に対して落ち着いた目線でみられるユーザーが増えてきた。
  3. しかし、仮想通貨が落ち着く一方で、ブロックチェーンの技術開発は熱を帯びている。これに並行して安全で利便性の高いウォレットの需要が高まると森川氏はみている。

 

冷める仮想通貨、熱いブロックチェーン!これからの業界はどうなる?

気づけば国内の仮想通貨取引業者の多くが、金融・証券・FXといった”信頼と実績”を持つ企業の元に落ち着いている。その他の事業者にも金融庁の手が入り、新規の仮想通貨交換業者の登録には完全に「待った」がかけられている。

仮想通貨は”元年”を終えた。狂っていたといえる市場は落ち着き、これからは利用者が安心して使える”手段”としての仮想通貨がもてはやされるのかもしれない。稼ぐという”目的”の上に成り立つ仮想通貨ではなくなるのではないか。

dai06

株式会社Ginco 森川夢佑人CEO

現時点において、ウォレットに求められているのは「仮想通貨を安全に間違いなく管理することができる」ことだ。

ウォレットとしての堅牢性は保ちつつも、気軽にブロックチェーンにアクセスできるモバイルウォレットの存在が重要だという。

まだまだ潜在しているであろう利用者の「仮想通貨は怖い」、「お金がなくなるかもしれない」という不安を取り除く必要がある。仮想通貨・ブロックチェーン業界の成長のために重視すべきポイントだろう。

dai06

ブロックチェーンがもたらす分散の時代において私たちは、これまでネットワークやコミュニティに預けたままにしていた「権利」や「情報」を取り戻していくことになる。

自らの意思の下に情報を管理すること、そしてそれを自由に動かし活かすこと。これからの時代は自ら意思決定していくことが重要で、仮想通貨・ブロックチェーンにしてもそれは同様。

仮想通貨ウォレットをはじめ、便利なものは使うに越したことはないが、それに意思決定をコントロールされてはいけない。何が良くて何が悪いのか、見極める力が私達に求められている。

dai06


ソース元http://best-times.jp/articles/-/9033