第4回 仮想通貨オフ会参加者募集中!

韓国取引所ビッサム、「シンガポールで独自トークン発行」の裏技使用!

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 韓国で禁止されているICOを、仮想通貨取引所のビッサムがシンガポールで計画していることがわかった。
  2. ビッサムは大口投資家をターゲットにシンガポールで独自トークンを発行。海外でのサービス展開も視野に入れているようだ。
  3. 韓国では昨年9月にICOを介した、金融詐欺のリスクを警戒。ICOの禁止に踏み切っていた。

韓国内でICOダメならシンガポールで!ビッサムが考える裏技

報道によれば、韓国国内ではICOが禁止されているため、ビッサムはシンガポールでトークンセールを行う予定だ。

「国内がダメなら海外で!」、ビッサムやりおる…。柔軟な対応だ。

dai06

中国の仮想通貨取引所大手のフオビーは1月、独自のフオビートークン(HT)を発行する計画を発表した。

同様の動きは中国にも…。成長が見込まれる業界なだけに規制を巧みにかいくぐり、各社結果につなげようとしているようだ…!

dai06

FSC(韓国金融委員会)はICOに対して懐疑的な姿勢であるが、現地の金融当局は厳重な本人確認(KYC)とマネーロンダリング対策(AML)を確立する条件でICO合法化を検討している。

ICOが合法化される可能性があるとしても、厄介なルールも盛り込まれそうな予感…。それをクリアしているうちに「他にチャンスをもっていかれるかも…」、なんてことにもなりかねない。

韓国はICOに対してどのように向き合っていくのだろうか。日本のお隣の国だけに、その動向は注視しておきたいところだ。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/south-korean-crypto-exchange-bithumb-to-issue-own-token-in-singapore