第4回 仮想通貨オフ会参加者募集中!

モルガン・スタンレー「マルタが仮想通貨取引高で世界最大」と報告だ!

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. モルガ・スタンレーはマルタ共和国が仮想通貨取引高で世界最大であるとの調査結果を報告。
  2. マルタの後には中央アメリカのベリーズ、東アフリカのセーシェル、アメリカと続く。
  3. マルタの取引高が多い要因には、取引高が世界最大のバイナンスと、2位であるOKExが拠点を置いていることに因る。

仮想通貨に積極的なマルタ!取引高世界最大は当たり前?!

取引高が最も多かったのはマルタ共和国。中央アメリカのベリーズ、東アフリカのセーシェル、米国が続いた。(中略)次いで香港、米国、シンガポール、トルコとなっている。

香港は仮想通貨界隈のニュースではよく出てくる地名で、お隣の中国からの仮想通貨事業も積極的に受け入れている国として知られる。

その香港でもトップ3に入らないとは。見かけによらないなぁ。

dai06

他に興味深い発見は、英国は取引所の数が最も多いのにも関わらず、取引高では世界の1%しか占めていないということだ。

必ずしも取引所の数が取引高の如何を決めているわけではないということか…。

dai06

マルタは最近、仮想通貨事業に好意的な姿勢をとっていくと発表している。

規制がどうなるかが取引所の気になるところ。税率とか、登録とか…。

そうした意味ではマルタは仮想通貨に対して寛容的で、これからも他の取引所がどんどんとやってくるホットなスポットなのかも…!

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/morgan-stanley-research-defined-regulations-main-factor-for-crypto-exchanges-when-choosing-country