公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

米裁判所「アリババコイン財団の存在問題ない」、アリババの訴え却下へ

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. アメリカの裁判所は、中国に拠点を置くEコマース大手アリババが起こしていた、「アリババコインは商標権侵害だ」との訴えを却下。
  2. アリババコイン財団側はメディアに対し、「『アリババ』という言葉は合法的事業活動において自由に使用される」と主張していた。
  3. 今年1月、アリババは仮想通貨事業に参入する噂を否定しており、アリババコイン財団とは関わりがないことを強調していた。

残念アリババ!アリババコインの存在は違法性なし!

米国の裁判所は今週、似通った社名を使用しているドバイ拠点のアリババコイン財団(ABBC財団)に対する差止命令を求めた中国のEコマース大手アリババの訴えを退けた。

「さすがにその訴えは無理があるのでは…?」と思っていたが、やはりそうなってしまったか。

dai06

フォーブス中東によると、判事は差止命令を却下したものの、アリババは今後も提訴できるという。

アリババはまだ訴えを起こすのだろうか?これ以上やっても無駄な気もするが…。

dai06

アリババコイン財団 グーグルのスニペット

「アリババコイン財団は最高の仮想通貨企業であり、成功が予想されており、ホワイトペーパーも素晴らしい。この仮想通貨は安全な顔認証システムを備えている」

”スニペット”とは、検索結果に表示される各記事における、短い説明文のようなもの。

「最高の仮想通貨企業」、「成功が約束されている」はどうなのだろう。誇大広告過ぎやしないか…。

「エコシステム」といったものを打ち出し、透明性の高さを売りにはしているようだが。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/us-judge-denies-alibabas-request-to-stop-alibabacoin-from-using-matching-name