第4回 仮想通貨オフ会参加者募集中!

韓国金融監督院新トップは仮想通貨に肯定的!規制の流れにも変化か?

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 5月8日から韓国金融監督院(FSS)のトップに尹碩憲(ユン・ソクホン)氏が新しく就任する。同氏は仮想通貨に対して肯定的な人物として知られる。
  2. 同氏は規制を検討しつつも、仮想通貨に関連する商品を利用しやすくする金融システムの構築を目指すという。
  3. 同氏の就任により、昨年12月の仮想通貨取引所の匿名取引禁止以来広まっていた、国内での仮想通貨取引禁止の噂も収束する可能性がある。

韓国はまだまだ仮想通貨取引をやるぞ!新トップも肯定的だぞ!

5月8日に正式に金融監督院長に就任する尹碩憲(ユン・ソクホン)氏は、より質の高い仮想通貨の規制が、仮想通貨に関連した商品をより利用しやすくするような安全な金融システムを作り出すとの見方を示した。

同氏の就任で韓国の仮想通貨取引はこれからも続きそうだ。より一層の市場拡大もあり得るだろう。

dai06

昨年12月に韓国政府が国内の仮想通貨取引所での匿名取引を禁止した後、国内の仮想通貨取引の全面禁止の施行が差し迫っているという噂が広まったが、今年1月に韓国の企画財政相はその主張を否定した。

これが本当ならば、やはり韓国の仮想通貨取引は無事に続く。

国内に広まっていた仮想通貨取引禁止の噂も落ち着き、ホッと一息…。そんな未来が間近に迫っている。

dai06

仮想通貨取引所ビッサム 副社長 イ・ジョンア氏

非居住外国人や18最未満の韓国人が取引を行うことも禁止する仮想通貨の匿名取引の禁止令が導入された後、「仮想通貨の1日の取引量は、金融規制機関が新しい法律を施行する前の約4兆ウォン(約4061億円)から約4000億ウォンに急落した」

規制の右往左往で浮き沈みの激しい韓国市場。ユン・ホクソン氏の就任でその波にも落ち着きがみられればよいのだが…。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/new-head-of-south-korean-financial-regulator-notes-positive-aspects-of-crypto