公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

仮想通貨とFXの違いって?仕組みと比較

この記事は、mickluckさんから寄稿頂きました。

仮想通貨とFXの違いは、投資対象とその仕組みにあります。しかし、投資対象が「通貨」であることは共通しているので、いかにして儲けるかはユーザーによって異なるというわけです。ここでは、仮想通貨とFXの違いについて解説していきます。

仮想通貨とFXとはなにか

仮想通貨とは、データ上に存在する暗号通貨ですが、ブロックチェーンやスマートコントラクトなど様々な技術が使われています。株と違って価格変動が激しく、場合によっては、1万円が1億円になることがあり、貧困層にとっては、1億円以上の資産を築くことができる可能性を秘めた夢の金融商品と言えるでしょう。

一方、FXとは「外国為替証拠金取引」と言われ、各国の法定通貨の売買を行い、利益を出すというものです。しかし、売買の取引を開始するには、証拠金をFX会社に預けなければなりません。

話しを戻しますが、例えば日本円でアメリカドルを100ドル1万円で「買い」を注文したとします。アメリカドルが120ドルに上がれば、日本円に換算すると12,000円となり、アメリカドルを日本円に換金すれば、その2,000円が日本円で購入したユーザーの利益となるわけです。

話しをまとめると、仮想通貨の投資対象は仮想通貨、FXの投資対象は法定通貨になります。

仮想通貨とFXの違い

仮想通貨とFXの違いを次に挙げて解説していきますが、儲ける方法も含まれております。資金に余裕があるユーザーは両方を投資に参加しても問題はありませんが、FXについて勉強し始めた、FXに参加を検討している人は必見です。

投資対象

仮想通貨の投資対象は仮想通貨である一方、FXの投資対象はアメリカドルなど各国の法定通貨です。仮想通貨の場合ですと、投資対象については少し仕組みが異なります。海外取引所の場合だと、日本円に対応している取引所はほとんどありません。

海外取引所で扱っている仮想通貨をどのように購入するのかというと、ビットコインなどの仮想通貨を海外取引所に送金して、その仮想通貨で購入します。日本に住んでいるユーザーは現時点で、この方法で海外取引所の仮想通貨を購入することが最適です。

取引が可能な時間帯

仮想通貨は土日や祝日に関係なく年中無休(メンテナンス中は除く)動いているので、24時間の取引が可能になっています。一方、FXは月曜日から金曜日の間だけ24時間取引が可能で。土日と祝日は取引ができないようになっているという仕組みです。

24時間の取引に縛られたくないという人は仮想通貨がおすすめであります。仮想通貨の取引可能時間は万国共通で、取引所が倒産しないかぎりは24時間動き続けるという仕組みです。

価格変動の大きさ

FXの価格変動は微々たるものですが、投資金額が大きければ大きいほど、得られる利益が大きくなる一方、損失が大きくなる可能性を秘めています。一方、仮想通貨の場合だと、価格変動は大きいです。

1万円投資して1億円になるかもしれないと言われるほどですから、貧困層だけでなく中間層や一部の富裕層からの高い人気を得ています。実は2017年中にVerge(ヴァージ)という仮想通貨が当時の価格より1万倍以上の値上がりを見せたというケースがあるのです。とくに仮想通貨に参加している貧困層はそれを根拠に、億単位の資産を築く夢を抱いていると考えられます。

配当の有無

仮想通貨は配当という概念が存在しません。しかし、FXの場合だと、持っているだけで配当が得られるという仕組みを持っています。その仕組みとは、スワップポイントです。スワップポイントとは、簡単に言えば金利で、その国の法定通貨を持っているだけで、その金利が自分の手元に入ってきます。

金利を多く得たい場合は、その国の法定通貨の保有量を増やせばいいだけのことですが、レバレッジで倍率を効かせることで、少ない資金で多くの金利を得ることが可能です。ただし、レバレッジを効かせた分、リスクが大きくなることを注意しましょう。

口座開設を申請してどのくらい時間がかかるか

仮想通貨の場合ですと、取引所で口座を開設してから本人確認を申請しないと利用できないことが多いです。本人確認を申請してから、早くて4日、遅くて1週間となり、FXの場合ですと、審査などを含めると、一週間かかるとされています。

審査の有無

仮想通貨取引所は口座開設に審査はありません。しかし、FXの場合ですと、審査はあります。審査内容はFXの会社によって異なりますが、一定の資産以上を保有していることが前提です。GMOクリック証券のFXの場合ですと、100万円以上の資産を持ってないと審査を通過することができないようになっています。

証拠金を担保に各国の法定通貨の売買を行うのですから、一定の審査は必要だということです。しかし、気になる点がひとつあります。それは、ビットコインFXです。ビットコインFXはレバレッジを効かせて、証拠金を担保に信用取引を行うというものですが、なぜか審査はありません。

追証が発生しないというシステムを多くの国内取引所は導入しているのですが、追証が発生したというケースもないので、ビットコインFXに関する審査は現時点でないと考えてもいいでしょう。

仮想通貨とFXにはリスクという共通点がある

他の投資分野でも言えることですが、仮想通貨とFXに違いがあるとはいえ、リスクがあるのは共通しています。仮想通貨の場合は、現物取引であれば、例え大きな損失を出しても借金を背負うことはありません。しかし、FXは証拠金を担保にした通貨取引なので、追証の可能性を秘めています。

追証が発生した場合は追加の証拠金を支払わなければならず、場合によっては多額の借金を背負うことになるということです。仮想通貨とFXに参加する場合は、あくまでも余剰資金内で行い、リスク管理を徹底するようにしましょう。