公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

ビットコインの創設者、サトシ・ナカモトとは?

この記事は、lovetotravelさんから寄稿頂きました。

ビットコインの創設者「サトシ・ナカモト」について

ここでは、ビットコインの創設者といわれている「サトシ・ナカモト」について分かりやすく説明していきます。

ビットコインの始まりは2008年10月。

サトシ・ナカモトと名乗る匿名の人物が、「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」(ビットコイン:P2P電子決済システム)というタイトルの論文をインターネット上に掲載しました。

この論文を発見し、興味を持った世界中のエンジニアたち数名が分担して、分散型による決済システムであるビットコインを作りました。

これがビットコインの始まりです。

9ページにわたるこの論文には、主にブロックチェーンの仕組みと、仮想通貨ビットコインの構想が書かれています。

 


こんなにも有名となったサトシ・ナカモトですが、実はその正体は今もなお明かされていません。

  • 名前からして日本人だと噂されていますが、本当はどこの国の人なのか。
  • どこに住んでいるのか。
  • サトシ・ナカモトは一人ではなくチームなのか。
  • 本当に実在するのか。

など、その姿が明かされていない為、色々な憶測を呼んでいます。

 


サトシ・ナカモトですが、ビットコイン開発時には100万ビットコインを保持していたそうで、世界最初の、そして最大の保持者であるといわれています。

 

 

こんなにも有名な彼の正体が気になりますが、世の中に間違いなく影響を与えた人物であることは確かです。今後の彼に関しての情報に注目していきたいですね。