公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Safetradecoin(セーフトレードコイン)」が草コインファンに大人気!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Safetradecoin(セーフトレードコイン)」は安全で確実性の高い送金で世界中を繋いで、利益を最大化する事を目的とした仮想通貨です。
日本ではエクスタシーという愛称で呼ばれており、2018年に入ってから価格が60倍ほどにまで高騰しました。

「Safetradecoin(セーフトレードコイン)」の概要

通貨名/通貨単位Safetradecoin/XSTC
公開日2017年
発行数600,000,000XSTC
公式サイトhttp://safetradecoin.net/
ホワイトペーパーhttp://www.shieldx.sh/SHIELD%20WP%20JAPANESE%20VERSION.pdf
購入可能取引所Coin Exchange.io

「Safetradecoin(セーフトレードコイン)」は、安全な送金で利用者を繋ぎ、コミュティ内の利益を最大化するということを目的にした仮想通貨です。
2018年に入ってから開発チームが一新され価格が高騰し、その後は比較的安定した価格を維持しています。

その特徴は「Proof of stake(以下Pos)」というシステムを採用していることと、コミュニティ内(利用者や関連する個人・法人)の利益を目的にしている部分です。
開発チームが一新されてからSNSなどでの発信も活発で、通貨として使うことはもちろん、投資先としても信頼を得られるよう努力しているのが伺えます。

Proof of stake/PoS(プルーフ・オブ・ステーク)とは

「Safetradecoin」に採用されているPosとは、コンセンサス・アルゴリズム「Proof of work(PoW)」の代替システムにあたるものです。

PoWは中央管理者のいないP2Pネットワーク上で、誤った情報の記録や改ざんがないようにするシステムのことで、ブロックチェーンの信頼性を保証する非常に重要なものでした。
しかし取引量があまりに増えてしまうと取引手数料が高くなってしまい、マイニングが中央集権的になってしまうなどの問題を抱えていました。

PosはそういったPoWの問題点を解決するために開発されたシステムです。
Posのマイニングでは、全てのマイナーが所有コインによって同じ利益率を得ることができ、マイニングが1か所に集中することを防ぐことが可能です。
これによってマイナーと一般のコイン保有者における利害の相違を無くすことにもなります。

「利益の最大化」を目的にしたPoSコイン

少しづつPoWの問題点の認識が浸透してきたこともあり、PoSを採用するコインが非常に多くなってきています。
その中でも「Safetradecoin」が特徴的なのは、コイン保有者の「利益の最大化」を目的とした仮想通貨という点です。

PoSコインにしては発行量が6億枚と少なく、人気が上がればそれだけ価格が高騰しやすいというメリットがあり、長期ホルダーも非常に多いです。
比較的公開日が古いPosコイン「XP」が約20億枚の発行量だと考えると、この少なさがお分かり頂けると思います。

また、現在日本での取引量が非常に高いコインで、ホワイトペーパーも早い段階から日本語のものが公開されていました。
日本での保有者コミュニティ(日本では最も活発なのは「5ちゃんねる」)も活発なので、その盛り上がりを肌で感じることができます。

現在日本から「Safetradecoin」を購入する手段は限られますが、今後日本人にも買いやすい環境が整えば、取引量も一気に伸びそうですね。

「Safetradecoin(セーフトレードコイン)」まとめ

今回は「Safetradecoin」について掘り下げてみましたがいかがだったでしょうか?
日本を中心にした仮想通貨コミュティが活発な点など、日本人にも投資するメリットが多い仮想通貨だと思います。

投資家としては「利益の最大化」という目的も心を動かされますよね。
今後の動向が非常に気になる仮想通貨の一つだと思います。