第4回 仮想通貨オフ会参加者募集中!

ロシア政府初の仮想通貨cryptoruble。2019年中頃に開始か?

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

このニュースを三行で解説↓

  • Cryptoruble(ロシア政府が発行する仮想通貨)は開始が遅れている。
  • プロジェクトは進行中だが、法的な手続きで時間が必要。
  • 2019年中頃に開始できるのでは無いかと考えられている。

ロシアの国家暗号通貨Cryptorubleの開始が遅れている

ソース元 https://news.bitcoin.com/cryptoruble-delayed-russian-central-bank-worried-bypass-regulations/

ロシア中央銀行は、ロシア政府が開発を進める暗号通貨Cryptoruble(クリプト・ルーブル)は、開始が遅れていて、すぐすぐに開始する事は難しいと発表した。

Cryptorubleは規則を上手くバイパスできる仮想通貨

Tass(ロシアの情報メディア)によると、ロシア銀行第一次副総裁Sergey Shvetsov氏は、今週 行われたGaidarフォーラムで「予測不可能な未来に不可解な物質の出現は考えにくい」と述べたという。

私は仮想通貨の需要が規制のバイパスで結びついている限り、cryptorubleを発行する余裕がないことは明らかだ

以前、同銀行の第一代副会長Olga Skorobogatova氏は「暗号通貨に必要性を感じない」と述べていた。しかし今回、中央銀行はBRICSやユーラシア経済連合(EAEC)内で、超国家的な仮想通貨を導入することを検討していると述べた。

国境を越えた支払いのためのCryptoruble

一方、同フォーラムでAlexei Moiseev副大蔵大臣は記者団に「国境を越えた和解に利用するという考え方を支持している」と述べた。

現時点で問題となるのは、国境を越えた居住区域での仮想通貨の利用だ。少なくとも旧ソ連諸国の主要貿易相手国との和解は、外貨ではなく電子ルーブル(暗号化されたロシア通貨)で行うことができる。

Moiseev副大蔵大臣は以前、「正直言って、私は仮想通貨が何であるかを理解していない…しかし、Cryptoroubleは理解している」という発言もしている。

今月初め、ロシアのプーチン大統領は、国際制裁の回避策としてcryptorubleを作らせた。当初は昨年10月にこの新しい通貨の創設を命じていたという。

2019年中期まで遅れることになったCryptoruble

ハイテクメール(多分、ロシアのメディアの一つ)とのインタビューで、ロシア連邦ブロックチェンジャー協会(RACIB)は、cryptorubleは少なくとも来年中頃までは完成できないと見積もっていた。 同協会理事長は、「7月にこれらに関する提案が提出されれば、規範文書が作成され、秋に導入される」と説明した。

彼らは今年末に合意に至り、cryptoruble2019年中頃に開始できるのではないかということだ。