公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「HashRash(ハッシュラッシュ)」仮想通貨が稼げる戦略ゲームが面白い!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「HashRash(ハッシュラッシュ)」はイ―サリアムのブロックチェーンを使った次世代戦略ゲームです。
プレイヤーはゲームの中でイ―サリアムベースのトークンを受け取ることができ、実際にマイニングすることも可能です。

ゲームの内容は、自分の住処となるコロニ―を作り、施設やユニットを好きに配置して「Crypto Crystals(クリプトクリスタルズ)」を採掘するというゲームです。
採掘を行っている最中にモンスターの襲撃にあったり、ゲームとしても非常に面白そうですよね。

「HashRash(ハッシュラッシュ)」の概要

公式サイト:https://www.hashrush.com/

「HashRash」は仮想通貨のマイニングとストラテジーを融合したゲームです。
手に入れたアイテムやユニットを使い、地中に眠る「Crypto Crystals(クリプトクリスタルズ)」を採掘していきます。

最初のうちはETHのマイニングを行うことができますが、ゲーム内で設定されている目標を達成することで他の仮想通貨もマイニング可能になります。
ゲーム内で発行されるトークンを使えばアイテムやユニット、自分のコロニ―のアップグレードを行うことができ、より効率的にマイニングすることができます。

ゲームの世界観がすばらしく、これだけのクオリティなら仮想通貨ファンだけでなくゲームファンも取り込めそうです。
さっそく掘り下げていきましょう。

「HashRash(ハッシュラッシュ)」ってどんなゲーム?

美しい世界観が魅力のマイニングゲーム

今までブロックチェーンで多かったのは、プラットフォーム上でクリックして遊ぶようなシンプルなものばかりでした。
ブラウザゲームのような感覚で手軽に楽しむことができますが、「HashRash」はやや趣が異なります。

「HashRash」の動画を見てもらうとわかると思いますが、その世界観は他の仮想通貨ゲームと一線を画します。
暗くて神秘的な空気感を持った、鮮やかな世界の中を歩く3Dキャラクター。見ているだけでワクワクしてきますよね。

ゲーム内で効率的にマイニングを行うためには、ある程度仮想通貨で課金する必要はでてきますが、プレイヤーはむしろ投資のような感覚でプレイしているようです。

自分で戦略を立てていくストラテジーゲーム

「HashRash」は作り込まれた世界観と、自分自身で戦略をたててマイニングを目指すストラテジーゲームです。
仮想通貨を使うので課金要素は当然ありますが、しっかりとゲームとして戦略を立てる必要があります。
ただお金をかければいいというわけではなく、ゲームとしての技術や応用力が必要になってくるんですね。
マイニングを行うだけではなく、自分のコロニ―にやってきたモンスターと戦うなど遊びの幅も狭くありません。

ゲーム内トークン「RCトークン」の利用用途

ゲーム内で使うことができるイ―サリアムベースの「RCトークン」は、ゲーム開発のICO(資金調達)でも使われている仮想通貨です。
ホワイトペーパーに書かれている内容を読む限り、ゲーム内では下記のような用途で使われます。

コロニ―の育成・拡大
ユニットの購入・育成
アイテムの購入
施設の建設・アップグレード
作業の効率化
マイニングの効率化

RCトークンを使う場面はたくさんありますね。

「HashRash」内の取引に手数料はかからない

「HashRash」内で行われた取引には手数料が一切発生しません。

「HashRash」の中では、プレイヤー同士でトークンやアイテムを売り買いしたり、交換したりできます。
その際、オンラインゲームの場合は運営側に手数料を支払うのですが、「HashRash」はその必要がありません。

「HashRash」は「Rush Network(ラッシュネットワーク)」という独自のネットワークを構築しており、これによってコストがかからないため取引の手数料も無料です。
アイテムによってマイニングを有利に進められることを考えると、「HashRash」においてアイテム交換は非常に重要な要素。必然的に回数も増えます。
交換自体にかかる費用が一切かからないのは、非常に助かります。

「HashRash」まとめ

 

今回は仮想通貨を利用したゲーム「HashRash」についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
作り込まれた世界観は、ゲーム好きならワクワクしてしまいますよね。

現在はプレイヤー数も徐々に増えて、日本でも攻略サイトのようなものがいくつか出てきました。
ロードマップを見る限り、ゲーム要素はさらに増えていくようなので、今後の動向が楽しみで仕方ありません!