公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

マイニング機GMOマイナーB3発売、驚きのテラハッシュ性能とは?

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. GMOインターネットグループが、仮想通貨マイニングマシン「GMOマイナーB3」を発売。価格は1999米ドルで2018年11月出荷予定。
  2. 採掘の速度を示す”テラハッシュ(TH/s)”は33テラハッシュ、計算回数にして最大33兆回となる。
  3. 1つ前のモデル「GMOマイナーB2」を購入しているユーザーは、無償アップグレードが可能。

1秒間に33兆回計算可能、GMOマイナーB3が”速い”

GMOインターネットグループは7月2日、同社が開発した仮想通貨マイニングマシン「GMOマイナー B3」を発売した。1秒間で最大33兆回の計算(33テラハッシュ/秒)が可能という。

日本製のマイニングマシンを手がける企業としては、GMOが大きくリードしている。価格にして約22万円。1つ前のモデルであるGMOマイナーB2と同じ価格となる。

dai06

マイニング環境に応じて異なる電力コストや、グローバルハッシュレート(マイニングが行われる仮想通貨の全世界の総ハッシュレート)の変化に合わせ、最大33テラハッシュ/秒まででハッシュパワーを自動調整するという。

テラハッシュの高い数値は驚くべきポイントだが、新機能「ハッシュパワー最適化機能」にも注目すべきだろう。

この機能により消費電力は大きく削減でき、自動モードを使えば常に適切な電力とハッシュパワーでマイニングができるという。

dai06

最大出力時の消費電力は、1テラハッシュ/秒当たり103ワット。GMOマイナー B2と同様、1テラハッシュ/秒当たり81ワットでの稼働も可能。

GMOマイナー B2を購入済みの場合は、希望に応じてGMOマイナー B3に無償アップグレードするとしている。

GMOマイナーB2を購入しているユーザーも、マシンを購入したことがないユーザーも注目したい製品といえよう。

ちなみに中国のBITMAIN社の代表製品「Antminer S91」は、14テラハッシュで秒あたりの消費電力は約94ワットだ。

dai06


ソース元http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1807/02/news098.html