公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

アルトコインとは??

この記事は、lovetotravelさんから寄稿頂きました。

アルトコインとは?

ここでは、「アルトコイン」について分かりやすく説明していきます。

アルトコインとは簡単にいうと、「ビットコイン以外の仮想通貨」のことです。

世界で初めて生まれた仮想通貨はビットコインですが、今現在ビットコイン以外の仮想通貨の種類は1,000種類を超えるほど存在しているといわれています。
そのビットコイン以外の全ての仮想通貨をまとめて、アルトコインと呼んでいます。

アルトコインは「Alternative coin」の略で、「(ビットコイン)の代わりになる通貨」という意味です。


そもそもなぜアルトコインが次々と誕生したのか?

 

アルトコインが次々と世に出ている理由としては以下のような点が挙げられます。

  • ビットコインを見て、儲かるだろうと予想した開発者達が自己流に新しい仮想通貨を作っている。
  • アルトコインは後発であるが故にビットコインの技術を真似し、またビットコインよりも早い送金スピード機能を持たせるなどして新しい技術を取り入れながら作っている。
  • 新しい価値を社会に提供できるかもしれないと、通貨以外の機能でアルトコインを作っている。

 


代表的なアルトコイン

 

アルトコインの中で時価総額ランキングが常に上位なのは、以下のアルトコインが挙げられます。

イーサリアム(Ethereum/ETH)
リップル(Ripple/XRP)
ライトコイン(Litecoin/LTC)

イオス (EOS/EOS)

カルダノ (Cardano/ADA)

 


数あるアルトコインの中で、まだまだ注目を浴びていない価格が低いアルトコインは「草コイン」と呼ばれています。

投資しても全く価値がなく終わってしまう可能性も高いです。

また、新しく誕生したアルトコインには詐欺の可能性も決して低くはないといわれています。

アルトコインへの投資は注意が必要ですね。

 

 

今後どんどん新しいアルトコインが増えてくるかもしれませんが、投資する上でもそのコインの特徴を理解し、知識を深めながら関わっていきたいですね。