公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

W杯影響か!サッカー賭博に仮想通貨、中国で540人逮捕

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 中国当局が違法なサッカー賭博に関与したとして、2018年のロシアワールドカップ開幕以降540人を逮捕。
  2. 容疑者らは1700億円が絡む違法賭博に関与し、仮想通貨ビットコイン(BTC)を用いて参加していた。
  3. ビットコインで受付を行い8カ月で登録者33万人まで伸ばしていたプラットフォームが存在。当局はこの主催者6人を逮捕、1億7000万円相当の仮想通貨も差し押さえた。

違法賭博に仮想通貨!急成長する闇とは?

中国当局はサッカーW杯ロシア大会(2018 World Cup)の開幕以降、オンラインのサッカー賭博に対する取り締まりで540人以上を逮捕した。

ワールドカップの開催は世界規模でサッカー熱が高まる瞬間。国内リーグの成長著しい中国だが、やはりワールドカップの方が人々の関心も高い。そして、その関心は違法な賭博にも向けられてしまった。

dai06

容疑者らは、総額15億ドル(約1700億円)余りが絡む違法賭博に関与していたという。

仮想通貨を使えば参加者を募るのも簡単だ。その上、高い匿名性の下に違法に金銭を動かせるのは仮想通貨の”闇”の部分だ。

dai06

警察は5月、仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)を受け付け、わずか8か月で登録者を33万人まで伸ばしていたオンライン賭博プラットフォームに注目。

きっと他にもまだあるのだろう。今はサッカー熱により、たまたまこのプラットフォームの動きが露見しただけで、仮想通貨を用いた違法な賭博はまだあるはずだ。

dai06


ソース元http://www.afpbb.com/articles/-/3182266?cx_part=search#default