公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「IntenseCoin (インテンスコイン) 」プライベートネットワークを構築する匿名性重視の仮想通貨!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Intense Coin(インテンスコイン)」は、2017年11月から取引が開始されたP2P分散型VPNの運用通貨として発行された仮想通貨です。
プライバシー保護に重点を置いた高い匿名性が特徴で、採用されているCryptoNightアルゴリズムはすでに多くの有名通貨でも採用されています。

「IntenseCoin (インテンスコイン) 」の概要

通貨名/通貨単位IntenseCoin/ITNS
公開日2017年11月16日
最大供給量999,481,516ITNS
ホワイトペーパーhttps://drive.google.com/file/d/1uyw9GWkfu4r1Jbj_ILGr-Kr1jVV4Pe9g/view
公式サイトhttps://intensecoin.com/
公式ツイッターhttps://twitter.com/ITNS_news
取扱取引所StocksExchange

「IntenseCoin (インテンスコイン) 」の特徴

2017年11月から取引が開始された「Intense Coin(インテンスコイン)」は、CryptoNight技術をベースに作られた独自のCryptoNightアルゴリズムで運用される仮想通貨です。
高い匿名性を維持した仮想通貨とプライベートな仮想ネットワークを使って、利用しやすく安全な仮想通貨になることを目的としています。

仮想プライベートネットワーク(VPN)と「Intense Coin」

インターネットが一般的に普及してからすでに長い年月が経過しましたが、ハッカーなどの悪質な技術者も増え続けており、安全でプライベートな仮想ネットワーク空間というのは特に需要が高まりつつあります。

仮想プライべートネットワーク(VPN)とは、そんな需要にこたえるために構築された全く新しい仮想ネットワークの総称で、運営元などの特定の管理者や悪質な第三者に情報を開示することなく利用できる仮想ネットワークです。

「Intense Coin」の場合はブロックチェーンを用いた分散型のVPN構築を行っており、その運用はユーザー同士の直接のやりとりピアツーピア(P2P)で行われます。
これにより「Intense Coin」は、個人情報をはじめとする様々な情報を匿名化し、より安全でユーザーライクな分散型VNPと言われています、

CryptoNight(クリプトナイト)アルゴリズムとは?

「Intense Coin」の採用するCryptoNightアルゴリズムとは、「ワンタイムリング署名」と呼ばれる技術を利用したアルゴリズムのことです。

ワンタイムリング署名は、特定のグループ内だけで共有される署名アルゴリズム「リング署名」と、一度しか使うことができない秘密キー「ワンタイムキー」を組み合わせた技術です。
これにより取引情報の匿名性を高め、悪質な第三者からの追跡などが困難になるというメリットがあります。

「Intense Coin(インテンスコイン)」を利用するメリット

「Intense Coin」は、ここまでにご紹介したP2P分散型VPNやCryptoNightアルゴリズムを利用することで、様々なメリットがある仮想通貨です。

解析耐性を持つブロックチェーン

「Intense Coin」のブロックチェーンは、暗号化された情報が解析しにくい仕組みになっています。
ブロックチェーンの暗号化を解析する能力を持つとされる量子コンピューターに対しても耐性を持っているため、従来のものにくらべ非常に安全性が高いです。

追跡されることはない支払情報

従来の仮想通貨ではブロックチェーン上に支払い情報を記録することで、そのコインの価値を立証し安全を保っていました。
しかし一方で、支払い情報を記録することがプライバシーの観点から問題視する声があったのも事実です。

「Intense Coin」の場合は、CryptoNoteプロコトルによって支払いのチェーン情報をなくし、支払い情報から追跡されることを防いでいます。

「Intense Coin(インテンスコイン)」まとめ

今回はプライバシー保護に重点を置いた仮想通貨「Intense Coin」をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
ブロックチェーン技術の登場で、プライバシー保護技術は数年でめざましい進歩を遂げており、今後さらに需要も高まっていくでしょう。

投資先として「Intense Coin」を見ると比較的新しい仮想通貨ということもあり価格も安く、まさに「これからの仮想通貨」といった印象です。
分散投資先の一つしてみれば、非常に期待が持てる銘柄ではないでしょうか?