公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Zilliqa (ジリカ)」素早い取引と正確性を重視する仮想通貨!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Zilliqa (ジリカ)」はシンガポールの国立大学の研究者によって開発された仮想通貨プロジェクトです。
「Zilliqa」チームは、ブロックチェーン技術が進歩し様々な分野で利用されるには、スケーラビリティ問題の抜本的な解決策が必要とし、研究を続けています。

「Zilliqa (ジリカ)」の概要

通貨名/通貨単位Zilliqa/ZIL
公開日2017年
最大供給量12,600,000,000ZIL
ホワイトペーパーhttps://docs.zilliqa.com/whitepaper.pdf
公式サイトhttps://www.zilliqa.com/
公式ツイッターhttps://twitter.com/zilliqa
取扱取引所Huobi,Gate.io,IDEX,EtherDelta

スケーラビリティ問題を解決し、ブロックチェーン技術のさらなる発展を促進するプロジェクト「Zilliqa (ジリカ)」。
「Zilliqa」はシンガポールの国立大学の研究チームによって設立されたプロジェクトで、世界で初めてとなるハイスループットプラットフォームの提供を目指し活動しています。
開発目的がしっかりしていること、将来性のある分野であること、ホワイトペーパーやロードマップが現実的かつ詳細に語られていることなど、投資家からの期待値も高いです。
日本のVC企業と提携しており、今後開発状況がスムーズに進展すれば大きな値上がりも期待できる仮想通貨だと思います。

ブロックチェーンのスケーラビリティ問題

仮想通貨のブロックチェーンには、それぞれ決まったブロックサイズが設定されています。

例えばビットコインの場合、ブロックサイズは1MBに制限されていて、これよりも大きいサイズのブロックは無効となり、ネットワーク内から自動的に削除されてしまうのです。

一日で処理できるトランザクション数には限りがあり、トランザクション処理の遅延による決済スピードの低下や流動性の低下などにつながる恐れがあります。

「Zilliqa (ジリカ)」のスケーラビリティ問題対策

それでは、「Zilliqa」がどのようにしてスケーラビリティ問題の対策を行っているのか見ていきましょう。

高速トランザクション処理

「Zilliqa」の最も大きな特徴ともいえる、トランザクションの高速処理技術。

ビットコインが1秒につき7件ほどしかのトランザクション処理を行えないのに対し、「Zilliqa」はテスト段階で1秒2488件のトランザクション処理を行いました。

将来的には私たちが普段使っているクレジットカードのトランザクション処理速度(1秒につき4千~6千件)を超えるとも言われており、決済手段の一つとして不自由なく利用できることを意味しています。

トランザクション処理速度を保つシャーディング技術

この高速トランザクションを可能にしているのは、「Zilliqa」のシャーディングと呼ばれる技術です。

ビットコインなどのブロックチェーンは、ノードそれぞれがすべての取引計算を行っているため、実は無駄な計算が非常に多いです。
それに比べて「Zilliqa」は、ブロックチェーンのネットワークを複数のグループ「シャード」として分けて並列に計算処理を行い、取引速度を向上させています。

このシャーディングという技術は、イーサリアムなどの有名通貨などでも採用が検討されている優秀な技術で、「Zilliqa」ではセキュリティ能力を維持したままシャーディングを実現する研究をしており、新たなプロコトル開発を行っています。

データフロープログラミングを模範とした、新たなスマートコントラクトの開発

イーサリアムで有名なスマートコントラクト技術は、ブロックチェーン上にアプリケーションを構築することを可能にし、「Dapp」というまったく新しい経済圏の誕生に一役買いました。

しかし、現在ほとんどの仮想通貨で採用されているパブロックチェーン技術は、すべてのノードがそれぞれ計算を行うことで、解析処理や多くの計算を繰り返す処理に向いていません。

「Zilliqa」はデータフロープログラミングを模範として、複数の指示を一度に実行することができる新たなスマートコントラクトの開発を行っており、シャーディング同様、スケーラビリティ問題の解決策の一つとして期待されています。

「Zilliqa (ジリカ)」まとめ

今回はブロックチェーンのスケーラビリティ問題を解決する研究プロジェクト「Zilliqa」についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
発行される独自トークンはスケーラビリティ問題に対して有効な新しい仮想通貨ですし、今後取り扱い取引所が増えていけば、投資先としても非常に期待が持てる仮想通貨だと思います。

今後の開発状況の進展具合によって評価が大きく変わりそうな仮想通貨ですが、業界内でずっと話題となっているスケーラビリティ問題の解決策となれれば、大きな価格上昇が期待できるほどのポテンシャルを持っていると思います。