公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「くりぷ豚」とにかくかわいい!ブタを育てる育成シュミレーション!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「くりぷ豚」は株式会社グッドラックスリーと株式会社セレスの共同開発で誕生したDAppsゲームです。

イーサリアムのブロックチェーンを使って作られた「くりぷ豚」はスマホアプリ版とWEBブラウザ版の両方で遊ぶことができます。

「くりぷ豚」の概要

公式サイトhttps://www.crypt-oink.io/
公式ツイッターhttps://twitter.com/cryptoink_jp
公式フェイスブックhttps://www.facebook.com/CryptOinkJP

「くりぷ豚」はイーサリアムのブロックチェーンを使った分散型アプリケーション「DApp」の育成シミュレーションゲームです。
たくさんの種類がいるかわいらしい豚さんを育成して取引や交配を行うことができます。
お気に入りの豚さんを見つけたり、お見合いさせて自分だけの豚さんを作ったり楽しみ方も非常に多種多様です。

仮想通貨イーサリアムを使って実際の取引をできるだけでなく、やり方によっては実際に稼ぐことができるのもDAppゲームの特徴で、日本初の本格的なブロックチェーンゲームということもあり、様々な業界から注目を浴びています。

「くりぷ豚」の特徴

3京6千兆通りの見た目が楽しめる「くりぷ豚」

まずはこのゲームの主役である豚のキャラクター「くりぷ豚」を見ていただきましょう。

リボンがかわいい!

翼とツノがかっこいい!

でかい!

どの「くりぷ豚」もとっても愛嬌があってかわいらしいですよね。
「くりぷ豚」は、ベースの形に様々なカラーやアイテムによる装飾で個性をつけて、そのパターンはなんと3京6千兆通り!

コレクション的な楽しみ方だけでなく、実際に売買することで仮想通貨を稼げるというのも嬉しいポイントです。

「くりぷ豚」の特性とステータス

くりぷ豚にはそれぞれ個体別に「特性」と「ステータス」が設けられています。

①特性

特性は「くりぷ豚」の見た目や特徴を表す項目です。

スペシャル…おそらく追加コンテンツで使われる項目
模様の色…体の模様の色を決める項目
しっぽ…しっぽの形を決める項目
目…目の形を決める項目
目の色…目の色を決める項目
性格…それぞれの性格を決める項目
サイズ…サイズを決める項目(S/M/L)

その他 数種類

「くりぷ豚」によって特性の数は異なります。
これらの特性にはそれぞれ全体の割合を示したマークがついており、その特性をもった「くりぷ豚」が現在どれくらいいるのか、ユーザーは常に知ることができます。

特性の割合は「くりぷ豚」の価値の一つの基準になっており、取引する際の目安となります。
できるだけ希少値の高い「くりぷ豚」であれば、それだけ高く買い取ってもらえるんですね。

②ステータス

今後追加予定の「豚ゲーム(仮)」で使われる項目のようです。
ステータスは下記の3項目です。

スピード
パワー
スタミナ

現在(2018年7月)はまだ「豚ゲーム(仮)」が実装されていないため、具体的にどのようにこれらのステータスが作用するのかまではわかりません。

しかし「スピード」「スタミナ」という項目を見る限り、やはり最初に思いつくのはレース系のミニゲームでしょうか?
現在は見た目のかわいらしい「くりぷ豚」が高値がつく基準になっていますが、「豚ゲーム(仮)」が実装されれば、ステータスの高さも「くりぷ豚」の価値を決める基準になりそうですね。

「くりぷ豚」を入手するには?

ゲーム内で「くりぷ豚」を入手する方法は大きくわけて二つです。

①公式の販売所「卸とん屋」

公式が販売している「卸とん屋」では、比較的安定した価格で「くりぷ豚」を手に入れることができます。

価格帯は0.015ETH~0.03ETHほどなので、日本円で750円~1500円といったところ。
海外産の人気のあるDAppだと、ゲーム開始に5000円以上かかるというのも稀なので、比較的ハードルの低い価格帯だと思います。

②ユーザー同士の販売所「取引所」

ユーザー同士で「くりぷ豚」の売り買いができる「取引所」。
ここは「卸とん屋」よりも品ぞろえがよく、安いものだと0.001ETH(約52円)、高いものだとなんと999ETH(約5200万円)の「くりぷ豚」が購入できてしまいます。

実際に購入されるかどうかはタイミングも大きく関係しているようですが、非常に夢のある金額ですよね。

「くりぷ豚」の今後に期待!

今回は日本初のDApp「くりぷ豚」を紹介してきましたがいかがだったでしょうか?
まだまだサービスは始まったばかりなので、「豚ゲーム(仮)」の実装など、今後の展開に期待したいですよね。

「くりぷ豚」はWEBブラウザだけでなくスマホアプリとしても楽しめるので、ETHウォレットを持っている人はぜひ遊んでみてくださいね。