公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

ビットコインは60万円台に暴落したが、むしろ絶好のチャンス

この記事は、ミックラックさんから寄稿頂きました。
ビットコインが60万円台に暴落して、いよいよ仮想通貨の終焉が迎えられると、仮想通貨ユーザーではない一般人の多くがそう考えていますが、筆者はむしろ、終焉どころか絶好のチャンスと考えています。ビットコインがあまり高すぎると需要が伸びず、アルトコイン購入に対する障害になると考えているからです。ここでは、ビットコインの暴落がなぜチャンスなのかについて、解説していきます。

ビットコインが暴落した理由をまとめてみた

ビットコインが暴落した要因のひとつに、韓国の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)がハッキング攻撃を受けて、約33憶円相当の仮想通貨が盗まれたことにあります。しかし、影響は微々たるものです。なぜかというと、Bithumbが顧客に対して、ハッキングで損失した分を全額補償すると発表したことにあります。この発表を受けたユーザーの多くが安堵しただけでなく、セキュリティを向上させて、すべてのウォレットをコールドウォレットに移行するとのことです。

もうひとつの要因は、ビットフライヤー、QUOINE、ビットバンク、BTCボックス、ビットポイントジャパン、テックビューロがそれぞれ運営する金融庁認可を受けた取引所に対して、金融庁から業務改善命令を受けたことにあります。いずれもマネーロンダリング体制と内部管理体制が不十分だという指摘によるものです。

特にビットフライヤーは、この問題が解決されるまで、新規に申し込んだ顧客の口座開設をしばらく停止し、すでに登録して本人確認を済ませているユーザーは通常通り、仮想通貨取引を行うことができます。しかし、ビットフライヤーの新規登録一時停止を受け、ビットコインは急激に下落したとのことです。

ハッキングリスクや取引所の不祥事が原因でビットコイン問わず多くの仮想通貨に悪影響を及ぼし、仮想通貨の全体的な下落を招いていると考えられます。

ビットコイン暴落が絶好のチャンスである理由

ビットコイン暴落がなぜ絶好のチャンスと言えるのか、その理由を次にいくつか挙げて、詳しく解説していきます。

海外取引所でアルトコインを大量購入できるから

海外取引所が取り扱うアルトコインの多くがビットコインで購入することが可能です。しかし、ビットコインの量によって、アルトコインを購入できる量がかなり異なってきます。早い話、ビットコインが下がれば下がるほど、アルトコインを多く購入できるということです。

それだけでなく、ビットコインをウォレットに送金するときは送金手数料として徴収されますが、日本円など法定通貨にビットコインの額を換算すると、通常の銀行振込手数料と同等、またはそれ以下で済みます。そう考えると、アルトコインに投資する仮想通貨ユーザーの多くが、ビットコインの下落を喜んでいると言えるでしょう。

ビットコインドミナンスが上がってきたから

ビットコインドミナンスとは、仮想通貨市場でビットコインがどれだけシェアを示しているのかというものです。CoinMarketCapのグローバルチャートによれば、現在(2018年6月25日時点)のビットコインドミナンスは42%となります。

CoinMarketCapのグローバルチャートのURL
https://coinmarketcap.com/ja/charts/

この42%がビットコインにお金が流れているというわけです。なぜビットコインドミナンスがビットコイン暴落の絶好のチャンスなのかというと、先ほど説明したとおり、ビットコインにお金が流れていることにあります。どこから流れているのかというと、アルトコインからビットコインに換金したとか、単純にビットコインを日本円など法定通貨で購入したとかなどです。

もうひとつの根拠は、2017年12月に仮想通貨が全体的に暴騰した時期にあります。その時期とビットコインドミナンスのチャートを重ねると、ビットコインドミナンスは50~60%となっており、この水準になると、ビットコイン及び仮想通貨が全体的に暴騰すると予想されるでしょう。

逆に暴落した時期とビットコインドミナンスのチャートを重ねると、ビットコインドミナンスは30%台に落ち込んでおり、いわば危険推移と言ったところです。30%台に落ちるなと思ったら、それは暴落の時期と考えて、保有している仮想通貨を法定通貨に換えてもいいでしょう。

世界各国が仮想通貨に対して融和的な考えを持ち始めた

世界一の人口を誇る中国とインド、豊富な資源を持つ中東の国々、世界一領土を誇る大国ロシアなど、これらの国々は仮想通貨に対して否定的な考えを持っていました。特に中国は資本流出防止のために仮想通貨を全面禁止にしていたほどです。しかし、仮想通貨に否定的な考えを持っていた国々は、仮想通貨に対して融和的な考えを示しています。

詳しい説明は省略しますが、これらの国々が仮想通貨の取引を容認し、自国内に取引所の設置が認められたら、自国内から仮想通貨ユーザーがかなり増えると予想されるでしょう。仮想通貨ユーザーが増える、仮想通貨取引が過剰に増える、需要が供給を上回るほど高くなる、そして仮想通貨が全体的に値上がりする、という感じにつながっていきます。

金融庁の業務改善命令によって国内取引所が健全化になる

金融庁がビットフライヤーなど取引所を運営する6社に対して業務改善命令を出しましたが、この業務改善命令がきっかけで、金融庁の認可を受けた国内取引所が健全化になることに期待が見込めます。健全化になれば、安全性と信頼性が認められ、仮想通貨取引に参加する日本人または外国人が増えると予想されるでしょう。

ビットコインは暴落から天井知らずの暴騰になると予想される

まとめ
ビットコインの暴落で多くの仮想通貨ユーザーは落胆したといっても過言ではありませんが、中にはビットコイン暴落そのものをポジティブに受け止めるユーザーも多いでしょう。なぜかというと、ビットコインが暴騰する要素が多く、暴落しているのなら安いうちにビットコインを購入しようという動きがあると考えています。

その要素が見事に的中すれば、ビットコインだけでなく、多くのアルトコインが天井知らずに暴騰する見込みがあるということです。