公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

カンボジア政府お墨付き、「ツアックスコイン」が仮想通貨市場席巻か

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 7月から本格始動したカンボジアのフン・セン政権は「ツアックスコイン(Tourex Coin/TUX)」を後押し。カンボジア全域で新しい決済手段となる可能性がある。
  2. ツアックスコインはコイニーエックス取引所が発行するもので、政府中枢と強い繋がりがある。6月にはカンボジア国立銀行や証券取引委員会が仮想通貨に対し厳しい取り締まりを行ったが、ツアックスコインには唯一ライセンスが付与される見込み。
  3. カンボジアはアジアでも大きなポテンシャルを秘めている国。大型モール、カジノ、不動産売買など仮想通貨決済として多岐にわたる使い道がある。

カンボジアに巻き起こるか?ツアックスコイン旋風

◆取引所コイニ―エックスはカンボジア政権中枢に人脈を有し、「カンボジアを仮想通貨のメッカに」するビジョンを共有し連携。
◆国民の平均年齢25才と仮想通貨との親和性が高い。来月開催されるコイニ―エックス設立記念セレモニーでは多数の政府要人を迎えカンボジア国民に向け生中継。

政府お墨付きの仮想通貨ということで、その期待値はかなり高い。安定性が求められるようになってきた仮想通貨にとって、このことの意味は大きい。

安定すれば決済手段としても使いやすい!

dai06

特に中国資本の流入が顕著で、不動産・観光・小売・カジノの全ての産業が上昇気流に乗っている。同国で合法的な仮想通貨取引所が設立されれば、規制で行き場のなくなった中国マネーの受け皿になる可能性もある。

カンボジアには今、大きなお金の動きができつつある。ここに仮想通貨の持つ力が加わればその渦はさらに大きなものに…。

2010年代に入ってからのGDP成長率もほぼ7%で推移しており、今後も高度成長が続く見込みだ。

dai06

政府のお墨付きでスタートするコイニ―エックスは現地時間で9月28日午後5時から、カンボジア首都プノンペンを緩やかに流れるメコン川の中洲にそびえる「ソッカホテル」でセレモニーを開催する。

規模は350人ほどになる予定でカンボジア政府の幹部も集結し、同国最大のテレビ局が生中継を行う予定もある。この日を境にカンボジアの仮想通貨事情が、いや世界の仮想通貨市場が大きく動くかもしれない…!

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/cambodia-launches-crypto-exchange-coinyex-with-association-with-japans-tux-global