公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「BlockMason Credit Protocol(ブロックメイソンクレジットプロコトル)」債務・債権の取引を実行することに特化した仮想通貨!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「BlockMason Credit Protocol(ブロックメイソンクレジットプロコトル)」は2017年10月に公開されたイーサリアムベースの仮想通貨です。
債務・債権の取引を実行することに特化した仮想通貨で、徐々に投資対象としても人気が集まりつつあります。

「BlockMason Credit Protocol(ブロックメイソンクレジットプロコトル)」の概要

通貨名/通貨単位BlockMason Credit Protocol/BCPT
公開日2017年10月
発行数116,158,667 BCPT
ホワイトペーパーhttps://blockmason.io/cp-whitepaper/introduction-and-features/
公式サイトhttps://blockmason.io/
公式ツイッターhttps://twitter.com/blockmasonio
購入可能取引所Binance,Bittrex,Upbit,HitBTC,Cryptopia,Kucoin

「BlockMason Credit Protocol(ブロックメイソンクレジットプロコトル)」(以下BCPT)は、仮想通貨を債務・債権の取引に使おうというプロジェクトになります。
イーサリアムベースの仮想通貨であり、スマートコントラクト技術を用いることで難しい契約処理は全て自動化され、利用者は手軽に債務・債権取引を行うことが可能になっています。
これにより通常の決済手段としての利用はもちろん、様々な人が新たな経済手段を手に入れることが可能になります。
投資対象としても評価されており、2018年に入ってから仮想通貨ランキング100位圏内を安定して推移しています。

「BlockMason Credit Protocol(ブロックメイソンクレジットプロコトル)」の特徴

スマートコントラクトを使った債務・債権

イーサリアムで有名な、契約の手続きを自動化しスムーズな処理実行を行うスマートコントラクト。
BCPTはこのスマートコントラクトを利用して債務・債権処理を安全かつ単純化することができます。
信頼性が高く、少額でも債務・債権契約を行えるというのは、個人・企業問わず幅広い事業者に新たな経済手段を提案します。

分散型アプリケーション「Lndr(レンダー)」

「Lndr(レンダー)」公式サイト:https://lndr.io/jp/

BCPTは、DApp(分散型アプリケーション)である「Lndr(レンダー)」の開発も行っています。
「Lndr」はブロックチェーン技術を使った、個人間での債務・債権処理を行うアプリで、中央管理者がいなくても、ユーザー間で仮想通貨を使ったお金の貸し借りを行うことができます。

すでにAndroid版とiOS版がリリースされており、1週間当たり2万円までの資金の移動・追跡が可能になっています。

Coral Financeと提携し、健康分野にも

BCPTはCoral Financeと提携し、「Coral Health(コーラルヘルス)」という事業を行っています。

「Coral Health」は健康関連の情報を収集・貯蓄しデータベース化することで患者にあったオーダーメイド治療を実現しています。

今後もさらに「Coral Health」の需要は増えていくといわれており、BCTPはこのプロジェクト発展のために大きく貢献しています。

「BlockMason Credit Protocol(ブロックメイソンクレジットプロコトル)」まとめ

今回はイーサリアムベースで動く債務・債権事業に特化した仮想通貨「BlockMason Credit Protocol」をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

スマートコントラクト技術の応用で、様々な分野の複雑な契約処理が安全性を保ったまま自動化されるようになり、個人間での債務処理まで行える時代になったんですね。

債務・債権がもっと自由化し安全性も維持できれば、新規事業者だけでなく一般消費者にも恩恵が得られるはずです。