公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「SophiaTX(ソフィアティーエックス)」既存のビジネスシステムを補完するプラットフォーム

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「SophiaTX(ソフィアティーエックス)」は2017年に公開されたスイスの仮想通貨です。
ビジネス用ブロックチェーンプラットフォームを構築し、企業の生産管理や労務管理をサポートするITシステムを導入しています。

「SophiaTX(ソフィアティーエックス)」の概要

通貨名/通貨単位SophiaTX/SPHTX
公開日2017年12月5日
発行数350,000,000 SPHTX
ホワイトペーパーhttps://www.sophiatx.com/_data/_custom/SophiaTX_Whitepaper_v1.7.pdf
公式サイトhttps://www.sophiatx.com/
公式ツイッターhttps://twitter.com/sophia_tx_
購入可能取引所BITBOX,Huobi,Bit-Z,KuCoin,Qryptos,

YoBit,ForkDelta,Hotbit,TokenJar

「SophiaTX(ソフィアティーエックス)」はスイスで開発されたビジネスのためのブロックチェーンプラットフォームです。
会社内で必要な処理をブロックチェーン技術を使って代替することを目的につくられており、現在は生産管理や労務管理などを請け負っています。

外部の管理会社に頼らず「SophiaTX」さえあれば簡単に自社管理することができるというメリットがあり、この技術は非常に需要があります。
その他にも非効率なITビジネスをバックアップし、企業間のやり取りをよりスムーズにするサービスも行っています。

「SophiaTX」ではプラットフォームに拡張性をもたせ、どんなニーズにもこたえられるようなビジネスプラットフォームを目指しています。

企業管理を目的としたITシステムの課題

現在、ほとんどの企業は自社事業の管理を委託会社のITシステムに委ねています。
自社生産や労務管理はもちろん、人間よりも正確に記録してくれる管理システムは結果的にコスト削減にも繋がりますしなにより効率的です。

しかし自社でこう言ったシステムを作ったり、管理する企業はほとんどありません。

「SophiaTX」はこういった自社で管理システムを構築できない人に向けたプラットフォームで、現存のITシステムをさらに拡張性のあるものにすることを目的としています。

企業経営の基本となる人・金・物・情報を有効活用する考え方を反映したソフトウェア「Enterprise Resources Planning(ERP)」でフォローできない部分をサポートし、企業が管理に使う時間を軽減する事が可能になります。
具体的にどんな特徴があるのかをご紹介していきましょう。

「SophiaTX(ソフィアティーエックス)」の特徴

ERPとCRMとSAP

企業経営の基本となる人・金・物・情報を有効活用する考え方、およびそれを反映したソフトウェアは「ERP」と呼ばれています。
特に企業の売り上げに関係しているのは実際の収益源となる顧客の適切な管理であり、これに重点を置いた経営手法を「Customer Relationship Management(CRM)」と言います。

「SophiaTX」はこれらERMとCRMの足りない部分を補完するために立ちあげられたプラットフォームプロジェクトです。
パッケージ化されたERPであるソフトウェアSAP等のAPIを提供し、これらシステムの補完を行います。

世界GDPの10%に達するターゲット

前述したERMは、世界中のほぼ全ての企業が直接的・間接的に導入しているとも言われています。

ERM周辺のビジネスは世界GDPの10%に達するほどとも言われており、「SophiaTX」はその全てをターゲットにしたプラットフォームです。

ERMを作り変えたり別の提案をするのではなく、現状のシステムの足りない部分を補完できるというのは事業としても理にかなっており、なにより成果までの即効性が早いと言われています。

今後もERMが根本から揺らぐ別システムが生まれない限り、「SophiaTX」の需要が衰えることはないでしょう。

「SophiaTX(ソフィアティーエックス)」まとめ

今回はビジネスプラットフォーム「SophiaTX」を紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

ブロックチェーン技術の登場は、複雑なITシステムを自動化し大きな時間をかけなくても簡単に管理できるようになってくるでしょう。

安定したシステムの構築と、既存システムではフォローできない部分を補完する「SophiaTX」の今後に期待したいです。