公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Nuls(ヌルズ)」ビジネスアプリ開発をサポートするプラットフォーム

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Nuls(ヌルズ)」は2017年9月に公開されたビジネスアプリ開発のプラットフォームです。
ネットワークやアカウントサービスなど、役割を設けてブロックチェーンを利用する事で全体の処理を安定させています

「Nuls(ヌルズ)」の概要

通貨名/通貨単位Nuls/NULS
公開日2017年9月
発行数4000万NULS
ホワイトペーパーhttps://nuls.io/pdf/NulsWhitepaper1.1.pdf

※現在閲覧出来ません

公式サイトhttps://nuls.io/#home
公式ツイッター@nuls">https://steemit.com/@nuls
購入可能取引所Binance

「Nuls(ヌルズ)」は複雑かつ難解で専門家が少ないブロックチェーン技術の環境整備を行い、商業分野での利用を促進するためのプロジェクトです。

プラットフォームでは企業向けのビジネスアプリケーションの開発を行っており、複数階層的に役割分担したブロックチェーンを利用しています。

ブロックチェーン技術という新しい技術の普及をサポートし、様々な企業がもっと気軽に自社システムにブロックチェーンを導入できる社会を目指します。

大型仮想通貨取引所Binanceで取引が開始されたことで注目を浴びたことと、仮想通貨市場全体が盛り上がりを見せたこともあり、2017年9月の公開から2018年初頭までバブル的な値上がりを記録しました。

「Nuls(ヌルズ)」の特徴

 

スマートコントラクトでプログラミング可能

「Nuls」はスマートコントラクトを用いてプログラミング可能なブロックチェーンとして利用する事ができ、既存のビジネスモデルにマッチした形で独自アプリケーションを構築することができます。

ベースとなるモジュールを組み合わせることで、プログラミング知識を必要とせず、ユーザーは自分の求めるアプリケーションを手軽に作ることができるのです。

マルチチェーンとマイクロカーネル

「Nuls」はユーザーがブロックチェーンをカスタマイズする事ができるマルチチェーン構造を持った仮想通貨です。
モジュールと呼ばれるユニットとサブチェーンを操作して、オリジナルチェーンを構築する事ができます。

またシステムのコアに必要最低限の機能だけしかつけず、全体の処理の高速化を図るマイクロカーネルという仕組みをとっています。
小型化されたシステムは余計な処理を行わず、必要なものは別途取りつけるという方式です。

「Nuls」を支える4つのレイヤー

「Nuls」はレイヤーと言われる複数の構造から成り立っています。

モジュールレイヤー

モジュールレイヤーは、コア開発者とオープンソースコミュニティの開発者が様々なモジュールを開発するためのレイヤーです。

開発されるモジュールはブロックチェーン、ネットワーク、ストレージ、アカウントなど多岐にわたり、開発が済んだモジュールは専用倉庫に保管されます。

ロジックレイヤー

ロジックレイヤーはスマートコントラクトを利用して独自のシステムを構築するためのレイヤーです。

スマートコントラクトによって様々なビジネスに対応したアプリケーションを作ることが可能で、それぞれの目的に応じた形で稼働します。

チェインレイヤー

チェインレイヤーはアプリケーションに応じて異なるノードをカスタマイズするため、開発者がモジュール選択をするためのレイヤーです。

モジュールレイヤーを選択するだけで、手軽に複数のモジュールを繋ぎ合わせて自由にカスタマイズすることができます

クロスチェーン

 

チェーンレイヤーやモジュールレイヤーでカスタマイズされた、システムを実際に繋ぎ合わせるためのレイヤーです。

他レイヤーで展開されるモジュールなどは、すべてこのクロスチェーン内で繋ぎ合わされます。

「Nuls(ヌルズ)」まとめ

今回はビジネスアプリケーションの開発をサポートし、ブロックチェーン技術を促進するプラットフォーム「Nuls」をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

発展の期待できるブロックチェーン技術は、今後も様々な分野で使われていくと思います。プラットフォームの方向性としては非常に将来性があると思いました。