公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

LINEの仮想通貨「LINK Point」と「LINK」の違いと使い道は?

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. SNSで有名なLINEは、仮想通貨として「LINK Point」と「LINK」を公開。
  2. LINK Pointは日本でのみ使えるコイン、対するLINKは海外で使用できるコイン。
  3. LINK PointはLINE内のコンテンツでコメントを書き込む、写真を投稿するなどの”コンテンツの拡充”に協力することで獲得可能。

LINK Pointは日本でのみ利用可能なコインで、日本以外の海外ではLINKが利用できる。LINE社は仮想通貨交換事業者への登録申請中で、まだ仮想通貨が発行できないため、国内外で別の通貨を発行したというわけだ。

申請などの壁を乗り越えればLINEは今よりも本格的に仮想通貨事業に乗り込むだろう。「LINK」も「LINE」も似た表記で惑わされやすいため、よく注意していただきたい。

なお、この2つのコインはLINEのブロックチェーンネットワークである「LINK Chain」を基盤とした「LINEエコシステム」内で利用可能とのこと。

※LINEエコシステムとは…LINEの掲げるトークンエコノミー構想のこと。ユーザーとサービスの共創関係の構築を目指す。

dai06

日本のユーザーは、dAppサービスや今後参加を計画しているLINEのサービスなどを利用し、コメントを書き込んだり写真を投稿するなどのコンテンツ拡充に貢献した際に、LINK Pointを獲得できるという。

LINK PointはLINEポイントに交換することが可能で、”お小遣い稼ぎ”として注目を集めるとのこと。

※LINEポイントはLINEスタンプなどの購入のほか、Amazonギフト券等にも交換できる。

dai06

一方、LINKは日米を除くユーザーに配布され、「BITBOX(ビットボックス)」にて取り扱いを予定している。BITBOXは2018年7月にLINE社が始めた仮想通貨の取引を行う交換所であり、現在、日本からのアクセスはできない。

LINK PointとLINK、2つの仮想通貨は今の所すみわけが為されているようだ。現状、日本のユーザーはLINK Pointの扱いを知っていれば十分だろう。

dai06


ソース元http://ascii.jp/elem/000/001/737/1737945/?topnew=7