公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

Zaifの不正流出「70億円超え」に修正、ミキシングで追跡も困難か

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 仮想通貨取引所Zaifから流出した仮想通貨の金額は、当初67億円とされていたが再度の調査の結果、70億円へと修正。
  2. ビットコイン約42億5000万円分に加え、ビットコインキャッシュ約21億円分、モナコイン6億7000万円分が不正に流出したという。
  3. 同社は二次被害防止のためサーバーを再稼働させていないが、今後の調査で再び金額が修正される可能性があるという。

どうなるZaif、70億円分の仮想通貨はどこへいったのか…?

Zaif運営元のテックビューロ(大阪市)は9月21日、被害額が約70億円に上ったとみられると発表した。20日の発表から約3億円拡大した。うち約45億円が顧客の預かり資産という。

Zaifは50億円もの金融支援により補填を行う見込みだったが、今後の動向次第ではそれが十分な金額かどうか心配だ…。

dai06

モナコインは623万6810MONA(同約6億7000万円)、ビットコインキャッシュは約4万2327BCH(同約21億円)流出したとみている。

モナコインは9月初頭にMonappyからの盗難被害が明らかにされていたばかり…。そこから1カ月もしなうちに今度はZaifから…。ビットコインもそうだが、モナコインへの被害は甚大といえるだろう。

dai06

流出に関するFAQページも公開した。「入出金は可能ですか?」「仮想通貨の出金操作を行なったが、実行されません」といった質問に答えている。

今後の対応・真相究明にはまだ時間がかかりそうだ。

現時点では流出したビットコインは「ミキシング」と呼ばれる手法により、すでに複数のアドレス(口座)へと分散された可能性が高いとされる。

さらにそのアドレス数は20日正午時点で3万件を超えていたとされ、「追跡は困難」とみる声も多くなってきている…。

dai06


ソース元http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1809/22/news019.html