公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

VisaのCEO「ブロックチェーンと仮想通貨、”今は”有用ではない」と発言

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. VISAのアルフレッド・ケリーCEOは、「ブロックチェーンや仮想通貨は同社に有用と思わない」との旨を発言。
  2. ブロックチェーンを「興味深いテクノロジー」としたものの、そのトランザクションは、「VISAを成長させてきたものとは反対」とも。
  3. その一方でVisaの企業間取引部門は革新の余地があることを認め、仮想通貨領域への注目を示唆。

Visaは仮想通貨とブロックチェーンに注目していないわけではない?

ケリーCEOは、Visa社がフィンテックで成功した企業の良い例とも強調した上で、短期的に見ると、ブロックチェーンと仮想通貨が同社にとって有用なものではないと述べた。

ケリーCEOは「短絡的に見ると」と発言しており、今後の可能性については評価していそうだ。少なくとも”今は”有用ではないということだろう。

dai06

同CEOによると、ブロックチェーンは低い取引量、高価値のトランザクションを処理するものであり、このようなトランザクションはVisaを成長させたものとは反対であると指摘した。

CEOの脳裏にはVisaとしての誇りを守りたい意志がありそうだ。従来の金融業とブロックチェーン(仮想通貨)との間にある葛藤が垣間見える。

dai06

同社はVisa B2Bコネクトという国際的な企業間決済のブロックチェーン・プラットフォームを開発しており、ケリーCEOは、企業間取引部門においてはブロックチェーン技術による革新の余地があることを認めた。Visa社内にはブロックチェーンの研究専門部署があり、275人の専門家がいると明らかにした。

なんだかんだで注力はしているのである…。

アメリカン・エキスプレスがリップルと提携したように、金融業はブロックチェーン(仮想通貨)を無視することはできず、その技術をどう扱うか考えなくてはならない領域にきた。

Visaも支払いにおけるコストやリソースを削減し、新たな顧客と事業開拓に向かっていくだろう。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/visa-ceo-says-blockchain-and-cryptocurrency-not-useful-to-company