公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「GXChain(ジーエックスチェーン)」分散型の取引支援プラットフォーム!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「GXChain(ジーエックスチェーン)」は分散型のデータ取引プラットフォームと、そのプロジェクトの名称です。
すでに中国では数々の有名企業がプロジェクトに参加しており、投資家からの注目度も非常に高いです。

「GXChain(ジーエックスチェーン)」の概要

通貨名/通貨単位GXChain/GXS
公開日2018年
発行数1億GXS
ホワイトペーパーhttps://github.com/gxchain/whitepaper
公式サイトhttps://gxs.gxb.io/en/
公式ツイッター
購入可能取引所Huobi,Binance,Bit-Z,Gate.io,BigONE

「GXChain(ジーエックスチェーン)」は分散型のデータ取引を可能にするためのプラットフォームです。

急速な経済発展を遂げる中国において、データコンテンツの取引量は非常に増えてきており、常にスムーズな取引が行えるプラットフォームは求められています。

「GXChain」はそんな中国の経済需要に応えるために作られたプラットフォームであり、安全で透明性が高く、なおかつスムーズなデータ取引を可能にしています。

すでに数々の有名企業がプロジェクトの参加や、実際の事業取引に「GXChain」を利用しています。

投資家にしてみればすでに実績もあるプロジェクトということもあり、人気も上がってきています。

Delegate Proof of Stake(DPoS)

「GXChain」にはブロックチェーンに書きこむ際のコンセンサスアルゴリズムとして「Delegate Proof of Stake(DPoS/デリゲートプル―フオブステーク)」を採用しています。

DPoSは通貨の保有者がそれぞれマイニングする人を選び委託先を決めることができます。

これにより通貨保有者は自分の状況やプラットフォームの状況にあわせてマイナーを選択する権利を得ることができます。

分散型のデータ取引プラットフォーム

私たちの生活の中にも、ゲームや音楽、映画などデータだけでやり取りされるコンテンツが増えてきました。

会社では社員記録から商品管理に至るまで多くのデータが運営を支えており、それらを安全に保管してやりとりするためのプラットフォームは特に需要があります。

中国では近年の急激な経済発展により、データ取引量が増えました。
「GXChain」はこう言った中国の市場をより良くしようとして生まれたプロジェクトになります。

データの著作権を明確にしつつ、プライバシー保護も怠らない

データは簡単にコピーを取ることができるため、著作権のの保護は非常に難しいとされてきました。

しかし「GXChain」ではデータの取引データをブロックチェーンに書きこむことで、そのデータが正当なものであると証明することができます。

さらに、これらのデータの著作権が明確になっており、所有者の確認が取れなければ移動させることができず、非常に安全です。

ユーザー同士が直接やり取りが行える

取引はブロックチェーンをベースにしたP2P(ユーザー同士で直接データ交換が行われる)で行われます。

これによりデータを仲介する人物が不要になり、誰かにデータを盗まれたり見られたりするリスクが軽減します。

またユーザーの取引はキャッシュデータとして残ることもありません。

「GXChain(ジーエックスチェーン)」まとめ

今回は分散型データ取引を可能にするプラットフォーム「GXChain」をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

その需要は中国以外でも大きなものになると思うので、今後の発展が非常に楽しみなプロジェクトです。