公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Ruff Chain(ルフチェーン)」IoTを促進することを目的にした仮想通貨プラットフォーム!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Ruff Chain(ルフチェーン)」は2018年1月に公開されたIoTを促進するためのプラットフォームです。
IoT自体は非常に需要がある分野であり、今後の発展も期待されているため、公開当時から投資家の間で話題になることも多かったです。

「Ruff Chain(ルフチェーン)」の概要

 

通貨名/通貨単位Ruff/RUFF
公開日2018年1月
発行数1,840,000,000枚
ホワイトペーパーhttps://github.com/RuffNotes/RuffChain/blob/master/WhitePaper.md
公式サイトhttp://ruffchain.com/
公式ツイッターhttps://twitter.com/Ruff_Chain
購入可能取引所Huobi,DigiFinex,Gate.io,DigiFinex

「Ruff Chain(ルフチェーン)」はIoT分野をさらに発展するために企画されたプロジェクトと、そのプラットフォームの名称です。

IoT分野で広く使われることだけでなく、分野の総合的な発展をプラットフォームの目的としており、発行される独自トークン「RUFF(ルフ)」はプラットフォーム内で使われるために作られています。

「Ruff Chain」ではIoTデバイスの制限を単一に管理する事で、IoT技術を搭載したデバイスであればどんなものでもアクセスできるプラットフォームを形成しています。
こういった新しい技術を使いやすくするための試みは、特定の分野を発展させるには非常に大切であり、このプロジェクトを重要さがよくわかる功績の一つだと思います。

そもそも「Internet of Things(IoT)」ってどんなもの?

「Internet of Things(IoT/インターネットオブシングス)」とは、様々なモノをインターネットに接続し、情報を常に更新したり制御するための仕組みです。
特に今までインターネットとは関係無かった分野の機械をインターネットと接続することで、その機械に拡張性を持たせようというものです。

分かりやすい例を挙げると、例えば車の制御系統などは良く聞きます。
現在はナビにインターネット接続機能を持たせて常に最新の地図情報を更新したりしていますが、それを自動運転技術のアップデートなどにも利用する事で、利用者が車の整備にわざわざ出さなくてもデバイスが直接最新の制御ソフトをアップロードしてくれます。

最近では車に限らず、我々の身近にある家電や農作業用の機械にもインターネット接続機能を持たせる動きがあり、今後さらに発展していく分野とも言われています。

「Ruff Chain(ルフチェーン)」の特徴

異なるIoTシステム間のやりとりをよりスムーズに

「Ruff Chain」は、異なるIoTシステム間のやりとりをよりスムーズにするために立ちあげられたプロジェクトです。
現在は開発元がバラバラであるIoTシステムを単一に制御する事ができるようになれば、モノ同士の互換性も高くなり、利用する際の利便性も増します。

またソフトウェアはアップデートする事ができますが、モノは実物の寿命があります。
今まで使っていた情報をインターネットに繋げば、クラウド上に今までの記録を残すことが可能になり、新しいモノに買い替える時も以前のデータを引き継ぐこともスムーズです。

「Ruff Chain」ではこれらの管理をプラットフォーム上だけで完結することを目的としたプロジェクトであり、すでに様々な企業がこの考え方に同意しています。

独自トークン「Ruff」

「Ruff Chain」の独自トークン「Ruff」はプラットフォーム内で使われるために開発されたトークンです。
主にサービス内容の向上とプロジェクトの資金調達のための用途でしたが、今後はユーザーの利用状況に応じて柔軟に使い方を提案するとしています。

「Ruff Chain(ルフチェーン)」まとめ

今回はIoT分野を発展させる仮想通貨「Ruff Chain」をご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

こういった新しい分野を発展させる技術は、投資家としてはついワクワクしてしまいます。
ぜひ今後のプロジェクトに期待しておきましょう。